アクアリウムの出口戦略を実際に実行しました。考えるべきポイントとは

こんにちは、Moriです。

アクアリウムを始めて6年目。
アクアではやりたいことをほとんどやり満足してしまいました。

そのせいか、やはり情熱は冷め、アクアに回す時間も少なくなってきました。

今まで、出口=「やめ方」をどうするか、ずっと考えていましたが、とうとう実行しました。



結局、「飼っている熱帯魚」と「アクアグッズ」をどうするか、が問題になりますね。
ぼくの場合、個人でアクアショップをやっている方にすべて引き取っていただきました。

あっさりと解決です。
熱帯魚もアクアグッズも、どちらも向こうには価値があるからです。

ウィンウィンの関係ですね。
飼っている熱帯魚を手放すのはどうなのかと、ツッコミをいただきそうですが、、、これは個人の事情とその行き先によるのかなと。

このまま自分のところで飼い続けるのは難しいと判断しました。
ショップや新しい飼い主のもとで悠々自適にやってくれると思います。




で、思ったのは、アクアの出口戦略は、行きつけのお店の店長と顔なじみになっておくってことですね。
大型のペットショップはアルバイトがいるだけで、店長の顔は見えません。

おそらく、引取をお願いしても断られたのではないかと思います。
大量にアクアグッズがありますので。


顔なじみになるためのコツは、通うこと、そのお店で購入することですね。
それだけ。

ネットの方が安いからと何でも購入していたら、顔なじみの店はできませんからね。
熱帯魚は多少高くても、行きつけの店で購入する方がメリットが大きいと思います。

行きつけのお店があれば、ただ顔を出すだけで楽しいですからね。


ということで、アクアの出口戦略は、行きつけのお店を作っておくことになります。





あと、今回はアクアグッズは一切合切、本当にすべて処分しました。

もともと水槽6個分くらいのフルセットをもっていたんですが、去年4個分くらい処分しました。
で、今回は2個分処分したわけです。


今回のセットを揃えるなら、10万以上かかりますが、処分です。
もったいない、とは思いませんでした。

もうアクアをやることはないだろうと思ったし、始めたいと感じたらまた購入すればいいからです。
「まだやるかもしれないから」という中途半端な思いでとっておいたら、家がゴミ溜め化してしまいます。

心ももやもやします。





だから、すべて処分です。
アクアはやり尽くした(と感じている)し、アクアで貴重な経験ができたので十分です。

お金を経験に転嫁したので、満足です。
これ以上、欲を張ってはいけません。


自分のライフステージがアクアから次のステージに移ったってことですね。
あとは、統合したアクア記事を修正したら、完全終了です。




charm(チャーム) 楽天市場店

アクア用品ならまずはチャームをチェックするといいですよ。
品数、値段、梱包に大満足!ほとんどをチャームで購入しました。 5,400円以上送料無料