そもそもiPadは必要ですか?~3年使ってみた実際のところ

iPad3を購入してから3年が経過しました。
そもそもは、仕事で使えるだろうということで、購入したわけですが全然使えていません。
64GBで58,800円。

・・・。

今になっていえば、

新しいものは”使えるもの”とイコールの関係ではない


これに尽きるなあ・・・ってことですね。
仕事で使用するために購入したiPadが3年間でどのような位置づけになったのかをまとめます。



1.仕事で使えなかった理由

なぜ、仕事で使えなかったというと、そもそも考えるべきことがあって

1 パソコンだけでできること
2 iPadだけでできること
3 どちらでもできること

これらをきちんと整理しないといけないわけです。
結論は、やろうとしたことはすべてパソコンでできたのです


むしろ、iPadを使おうとすると、ケーブルを買い足したり、変に制限が出たりと逆に不自由するはめになりました。
なによりOfficeやマウスが使えないのが痛かった。


2.iPhoneと競合する

結論はパソコンでできることはパソコンでやるほうが早くて便利だということ。iPadはパソコンの代わりにはならないということ。
残念なことですが・・・。
となると、・・・

iPadの出番は本当に限られています。

さらに言えば、iPadはiPhoneとも競合します。
iPhoneが大きくなって、Wifiしか使えないようなものですから。
そして、大抵はiPhoneでかたが付きます。大きくなりましたしね

ですので、iPadの出番はますますなくなるわけです。

3.結局、iPadを利用する場面とは

1.Huluで海外ドラマ

海外ドラマが好きでよく見ているんですが、なんらかの事情でテレビで見れない時やトイレで見たい時には重宝します。
この辺はバッテリー時間も長く、キーボードもついていないので、扱いやすいです

2.Kindleで漫画

iPadでKindleの漫画を読むのは最高ですね。とても使い勝手がいい。

進撃の巨人はKindleで購入しているのですが、場所を取らない、様々なデバイスで読むことが可能であることなど、便利だからです。
Kindleで正解だと思っています。
最近はパソコンでもKindleが使えるようになったらしく、ますます使い勝手がよくなりそうですね。

ただ、電子書籍は購入していませんので、読書にはほとんど使っていません。
定価より安いと言っても、図書館で借りたり、中古が買ったりの方が安く済んだり。そもそもの本の利便性には勝てません。
iPadで読書はちょっと重たいかな・・・


3.ゲームアプリで遊ぶ

iPhoneでは味わえない満足感がありますね。これは全然違います。
でも、、、やりながら「時間の浪費だ・・・でもやめられない・・・」という葛藤をしながらのこともあり、正直この用途では使いたくありませんね。
最近では、けっこう前ですが、Tower Madness2~買ってはいけないものを買ってしまった・・・。をやりました。

楽しかったですけどね。時間は相当使いましたよ

終わりに

結局、iPadは必要だったのかと言われると、正直なところ、いりませんでした。


目新しさに可能性を勝手に感じただけですね。
認めたくはない部分ですが、流行に流されただけ。
ぼくの場合、パソコンがあれば十分でした。

次のパソコンで、Surface ProのようなタブレットPCを購入すれば、ますますiPadの必要性はなくなります。

Kindleも安価でオーナーライブラリーの恩恵が受けられるのもあり、買いかな。

ということを感じています。
取り扱いが難しいですね