第1期ADAキューブⅡ―レッドビーシュリンプ水槽

第1期ADAキューブガーデン 30cmキューブ レッドビーシュリンプ専用水槽の水槽データです。
チャームで10匹購入しましたが、この装備で、1匹も落ちなかったです。
これにはびっくりしました。



水槽


水槽を何台も購入するわけではない、と思ったらADAでもいいじゃん。という発想で購入。
コトブキのクリスタルキューブ 300は2000円で、こちらは6300円でふたが525円。
価格の差はありますが、それだけのパフォーマンス、満足感があります。
ADAキューブガーデン 30cmキューブ水槽

水槽台


もう一台のADAキューブ水槽と共用です。2つキューブを置いても少しだけ余裕があります。
が、水槽台の下には余裕はありません(苦笑




フィルター


ろ過システムは、最強を目指し、エーハイム底面直結型としました。
ろ過の流れは次の通り、 底床アマゾニア→底床ろ材サブストラット→底面直結→エーハイム2213→水槽内へ という形で、底面ろ過+外部フィルターろ過という2段ろ過です。

1つだけで十分なものを2つにしたという意欲作となっており、水のクリアさは抜群であり、水質の安定感も抜群です。購入したレッドビーシュリンプ10匹が全く落ちなかったという水の出来上がりとなっています。

エーハイムフィルター500 60Hzとも迷いましたが、ヘルツフリー、モーターの効率化、安定性、静音性を考えて値段は2000円近くは高いけど、こちらにしました。




に、直結させる形にしました。





フィルター内のろ材
怪しい球体ですが、使ってみるとろ過能力の高さは実感できます。




こちらは筒状タイプ。中が筒のため、ろ過の表面積は狭くなりますが、水流が確保され、安定感はでます。

面積的には 純正スポンジ:サブストラット:メック=3:4:3 ぐらいでしょうか。



底床


ADAのビーシュリンプフードには、アマゾニアが配合されている・・・!
ということを知って、ソイルは絶対、アマゾニアだ! ということで、採用
ADAアクアソイル―アマゾニア



ライト


ライトはチャームのお正月福袋にセットでついていたもので、とても明るいですね。





肥料・添加剤


水換えの定番。水がクリアになりました。





ヒーター


ヒーターは温度設定が変えられるタイプにする方が、レッドビーの抱卵を促せるような気がします。




二酸化炭素


発酵式を採用です。
エアーストーンは何でもいい気分ですね。




水温計


定番ですね。
ADA NAサーモメーター



エアレーション


静かで文句なし。ひたすらにリピートです。




必須のシリコン製のエアーチューブです。
常備しておくべきものですよね。




タイマー


高いけど、これで2系統のタイマーと常時通電の2つのコンセントついていて便利です。
もう一つのADAキューブと共用しています。




生体


スタートとして、紅白バンドタイプ10匹にしました。
普通のペットショップよりもはるかに安い!




水草


おそらく、ソイルに肥料投入が必要なんですよ、これは。




余っているので、つい・・・入れてしまいます。



レッドビーシュリンプにはこれが必要でしょう。




えさ


くいつきは抜群です。

 [本編] 次回 → 
前回 → 



charm(チャーム) 楽天市場店

アクア用品ならまずはチャームをチェックするといいですよ。
品数、値段、梱包に大満足!ほとんどをチャームで購入しました。 5,400円以上送料無料