マウスブルーダーにおけるMori理論と実践―ワイルドベタ・ルブラの産卵

ワイルドベタ・ルブラが産卵してそのまま放置になっておりましたが、その後の様子をレポートします。

ワイルドベタ・ルブラの倒立病!?

の前に、タイトルが偉そうな感じについていますが、ワイルドベタやチョコレートグラミーのようなマウスブルーダー(産卵した卵をオスが口にくわえて保護して稚魚を吐き出す)が、うまくいかない時には、口にくわえた卵を飲み込む現象が見られる、ということですが、



Mori理論的には、口に咥えた卵が、、、
無精卵の場合、孵化せずに腐り始めるので飲み込むのではなく吐き出す。その場合、底に白い塊が落ちている。
受精卵の場合、2週間程度保護して稚魚を吐き出す

です。





合っているかどうかは・・・実践しながら検証していきたいと思います。
口で保護するのに慣れないから、ではなくて、きちんと卵に精子がかけられなかった、もしくは出なかった、から稚魚が出てくるにいたらなかったという方が正しいように思います。

さて。

ワイルドベタ・ルブラのオスです。
くわえて1日目(卵をくわえた初日を0日と計算)




顔がはれてますね・・・誰に殴られたのかな・・・?

といった感じで、


4日目のワイルドベタ・ルブラ。
まだ顔がはれてます。



さあ、ここが運命の分かれ目です。
無精卵であれば、卵が腐り始めるはず。
受精卵であれば、稚魚が孵化しているはず。



・・・


5日目は・・・



どうかな・・・・




おおーーー、くわえてる!!!

やりましたよ。これは・・・


念のためにもう少し時間をおいて・・・7日目。。。






完全にきたーー!!!


久々の稚魚が誕生しそうです。
ワクワクもあるけど、きちんと状態を維持しないと・・・ドキドキしてきました

レヨマン水槽の経過ログ
ワイルドベタ・ルブラの育成ログ






charm(チャーム) 楽天市場店

アクア用品ならまずはチャームをチェックするといいですよ。
品数、値段、梱包に大満足!ほとんどをチャームで購入しました。 5,400円以上送料無料