60日目―水草水槽と一眼レフ(コトブキ30キューブ)

いつの写真を記事にしているのか、いまさらですが、時間は2ヶ月前。
水槽立ち上げより2ヶ月経過。(今は4ヶ月になっていますが・・・どうなっているでしょうか??)

自分が立ち上げた水槽の中で、手抜きですが、一番水草水槽という表現に近いのかなと思う水槽であります。



職場の水槽の写真はいつもコンパクトデジカメですが、本日はちょっとしたこと関係で一眼レフの登場です。
普段の写真とグッと違うのですが・・・時間がなくさっさと撮ったので、光の加減がいまいちでした。

電気を消す、カーテンを閉めるなどすればよかったです。

が、正面。

コトブキクリスタルキューブの水草水槽



斜めからの写真。

オールガラスの水槽は斜めからでも絵になりますよね。

コトブキクリスタルキューブの水草水槽、斜め



この日は、発酵式二酸化炭素の交換日でした。

右が使用後、左が使用前です。
下の部分の砂糖ゼリーがなくなれば二酸化炭素がでません。

コトブキのクリスタルキューブと発酵式二酸化炭素の添加



ラージパールグラスの近景。


頂点の方にピントを合わせるべきでした。(写真に反省が多いのは嫌ですね。)

ラージパールグラス



横からのラージパールグラス。

ラージパールグラス



下からの写真。

水面に水槽の中が反射するこのアングルが好きですね。
ネオンテトラもきちんと4匹が写ってますね。

とりあえず、

ラージパールグラスとネオンテトラ




ネオンテトラのメタボ化は防いでます



※ 水槽メモ
この水槽はもともとは寄せ植えのみを植えて増やしたものです。リセットするときには、バーミキュライトが出てくるらしいので、要注意です。
メンテは水換えを1週間に1回程度のみで、伸びすぎたらトリミングをするだけです。

ラージパールグラスはランナーで増えないので、厚くならず維持はすごくしやすいですし、色も鮮やかできれいです。
生体はネオンテトラ4匹、ヤマトヌマエビ4匹しかおらず、このためか水があまり汚れた感じがせず、けっこう安定した感じにできています。

水質の維持の一番のポイントは、生体をあまり入れないことかもしれません。

●○ コトブキ 30cmキューブの経過ログ ○●   ●○ 水槽データ(第1期) ○●

もはやこの水槽のメインはラージパールグラスとなりました。




charm(チャーム) 楽天市場店

アクア用品ならまずはチャームをチェックするといいですよ。
品数、値段、梱包に大満足!ほとんどをチャームで購入しました。 5,400円以上送料無料