(閲覧注意)白カビ病にかかったデュメリリィエンゼル(ワイルド)

デュメリリィエンゼルがとんでもないことになった(前編)で書いた通り、とんでもないことが起こりました。

タイトルの通りで、とうとう閲覧注意の記事となりましたので、この下は気をつけてみてください。





白カビ病にかかったデュメリリィエンゼル(ワイルド)の写真はこの下



臆病でなかなか表に出て来なくて撮影が難しかったのですが。
なんとか撮れました。

白カビ病になったデュメリリィエンゼル(ワイルド)




白いものがついていて、最初は・・・稚魚かななんて思っていたら、


白カビだった・・・


魚の死骸を放置していると生えているアレと全く同じで、
頭が真っ白になるほどの衝撃を受けました。


どうしたもんか・・・
ネットで調べたら、取った方がいいらしいので、

ピンセットで取りました。

白カビ病の本体をピンセットで除去する



ちなみに、水中でのこの白カビ本体はこんな感じです。

白カビ病の本体



憎々しい白カビ本体の写真、Again。

白カビ病の本体



ピンセットのシルバーは魚には警戒されない色のようで、隠れているデュメリリィエンゼルの死角からそっと白カビだけを取りました。
その最中、暴れることもなく大人しく除去されてくれたので助かりました。

白カビ病を除去したデュメリリィエンゼル(ワイルド)




白カビを除去した後の皮膚。
怪我した後に感染してしまったようで、うすく皮膚が再生してきているので、ちょっと安心しました。

アルタムエンゼルの尾ぐされ病のときのようになりたくないものです・・・。

白カビ病を除去したデュメリリィエンゼル(ワイルド)




白カビ根絶!

心に誓う。

白カビ病の発生について


なぜ、白カビ病が発生したのか。
もうこれは、単純に水換えを怠っていたのが一番の原因だと思われます。

ずっと前からここの水槽だけは、2週間や3週間に一度の水換えしか行っていませんでした。
また、この水槽は去年の5月立ち上げで1年以上も同じセットで使っていますから、ソイルの効果もなく、ろ過自体も掃除もしていませんからうまく回っていないとも考えられます。

そうした中で、デュメリリィエンゼルが怪我をして(臆病ですぐにパニックになって体当たりをしますから)、白カビ病に感染したのだと考えられます。
早期だったのかわかりませんが、気づけたのはよかったです。

1/2程度の水換え、塩を入れました。
薬浴は・・・アルタムを大量に落としてしまったのでしたくないので、このまま様子を見ていこうと思います。

病気治療のために・・・




charm(チャーム) 楽天市場店

アクア用品ならまずはチャームをチェックするといいですよ。
品数、値段、梱包に大満足!ほとんどをチャームで購入しました。 5,400円以上送料無料