清瀧山と石門洞(小豆島)~2015夏旅 9-瀬戸内海

こんにちは、Moriです。

あいもかわらず、旅行記です。
小豆島に行きたい方の情報になればと思って、記事にしています。

前回 → 景勝地 ”寒霞渓”へ(小豆島)~2015夏旅 8



1.清瀧山

寒霞渓を満喫したあと、山を南に降りる道沿いに清瀧山と石門洞はあります。
これは笠ヶ瀧寺(小豆島)~2015夏旅 7で紹介した小豆島88ヶ所に入っています。





まずは、清瀧山。観光客はいません。
88ヶ所巡りはメジャーではないんでしょうね。




階段を登っていくと、





岩山と仏像などの建造物と、コケとがいいバランスで置いてあって、




かなり雰囲気があります。




小豆島の寺を本当になめてました。いやーーー面白い!




階段を登って行くと本殿に。




寺に入る前に、上を見上げると・・・




岩山が張り出しているんですよ・・・。
この迫力・・・というか、落石があったらどうするんだろう。



建物の中に入ると、壁は山をそのまま使っているんですよ・・・こんなところ見たことありません!!




昔のお坊さんが、修行の一端で作ったんでしょうかね。


2.石門洞

続いては石門洞へ。入り口がすごく狭くて・・・車で入っていいのかなと迷うところなんですが・・・




狭いけどいけます。途中に駐車場っぽいところがありますが、実際にはここより先にも上がれます。
ただ道が狭くて急な坂なのでヒヤヒヤします。




↑の場所で車を止めて、上り坂をひたすらに・・・10分程度の工程。




すっごくアブに追い回されながらで不快だったんですが、寒霞渓の案内看板で見た”裏八景”が見学できます。




この石たちです↑↓




とにかくすごいなと思うのは、この山の雰囲気であったり、何気ない岩であったり。

巨岩にこんなにコケが。




そして、石門洞に到着すると・・・




岩山と寺が同化しちゃってる!!!


この山との一体感は本当にビビります。すごい。




中に入って行くと、壁が山です。





不動明王に祈りを捧げ、あとにしました。


小豆島の88ヶ所って・・・本当にすごいです。
この山を利用した建物は一見の価値があると思います。

ちなみに、寒霞渓にはこのルートで歩いても登れるようです。
次回 → オリーブ園へ(小豆島)~2015夏旅 10