書評:人を操る禁断の文章術(メンタリストDaiGo)

今回は「人を操る禁断の文章術(メンタリストDaiGo)」を読みました。


DaiGoさんの本はもう読まないと思いつつも読んでしまいました。
というのも、今までの書籍は、面と向かった相手に使うスキルでしたが、今回は文章術なんです。

どのようにするのか興味があり読みました。



メンタリストDaiGoさん流の文章術は感情に訴えかけること。
新鮮だなと思ったのは、ビジネス系の人が書く文章術はどこか論理的な響きがある感じですが、こちらは論理よりも感情。

うまく書かなくてもいいってわけです。
大事なのは文章を読んで、その人が行動したくなるかどうか。




ですから、セールスレターの書き方講座のような・・・感じもします。

そして、読みやすく、新鮮な切り口で、なるほどなが多かったです。
文章を多く書く人は一度読んで見る価値はあるのではないかと思います。


最後に。DaiGoさんのうまいところはタイトルの付け方ですね
「人を操る禁断の」ってなかなかつけられないですよね。
もちろんのこち、本書を読んでも人を操れませんので、ご安心を