書評:斎藤一人流 すべてうまくいくそうじ力(舛岡 はなゑ)

今回は「斎藤一人流 すべてうまくいくそうじ力(舛岡 はなゑ)」を読みました。


斎藤一人さんのお弟子さんの1人で、一人さん流のそうじ哲学について教えてくれます。
ですので、本書は舛岡さんの話というよりも、一人がこういうことを教えてくれて、実際にやってみたら効果があったよ、という感じの本です。



本書は150ページ程度で行間や改行がけっこうあるので、1時間で読めてしまうのではないでしょうか。
付属しているDVDは掃除?についての元となった舛岡さんの講演を収録したものと、CDは本書の後半部分の原本となった一人さんの語りです。


さて、本書の提案することは何かというと、非常にシンプルで、

・整理するのではなく、捨てることから始めなさい
・ものがたまると、霊が集まって健康や運が落ちるよ



ってことです。
宗教的なにおいがしますが、別に壺を買えとか勧誘しません。
これが一人さんの教えですし、一人さんのように考えて生きることができたら、人生もっとステップアップできます。




そして、

本を読み始めると、片付け(物を捨てる)を始めたくなるから不思議です。笑
Amazonのレビューでも同じような書き込みがたくさん。

こんまりさんの片付けの魔法はノウハウの詰まったものですが、こちらは精神論や哲学的な感じです。
でも、片付けをしたくなりますから、きっかけを作りたい人にはおすすめです。