フライパンで広島風お好み焼きを作る方法

広島県人のお好み焼きといえば、やっぱり広島風。
ただ難点なのは、ホットプレートなどのおおがかりな道具が必要なことです。

今回はフライパンでお好み焼きに挑戦しました。

ただし、、、調理には2人 & 作る枚数+1のフライパンが必要です。






とはいっても我が家は2人暮らしなので問題ありません。
3口コンロなので、同時に2人分が焼けます。

まずは材料を切りまして、フライパンにそれぞれ作っていきます。
作り方はこちらを参考 → これが我が家の広島風のお好み焼きの作り方


水で溶いた薄力粉、カツオ粉末、千切りキャベツ、もやし、ねぎ、塩コショウ、ガーリックパウダー、イカ天、豚バラを乗せて。






ひっくり返すときに、生地を上にかけます





で、そのままフライパンのままひっくり返します。
フライパンに対してお好み焼きの直径を大きくしすぎなければ、問題ありません。




お好み焼きを蒸らし焼きにしている間に、3口目のコンロにフライパンを熱し、そばを焼き始めます。
軽く塩コショウ、ガーリックパウダー、おこのみソースをかけます。


で、お好み焼きが焼けたらここから共同作業。

一人がお好み焼きをヘラで持ち上げます。
もう一人が、持ち上げたフライパンにそばを円形に広げる
(焦げが気になる人は先に軽く油をぬっておきましょう。)


ここではトッピングに生イカをプラス。
チーズ、ガーリック、などもそばの上に乗せるといいですよ。





そして、お好み焼きをそばの上におろします。





そばがひっついたら、

1人目がお好み焼きをそばごとフライパンから持ち上げ、
2人目が卵を割り、黄身をつぶして円形に。


そして、お好み焼きをおろす。


ちょっと焼いたら完成。さらにひっくり返しておきます。





ソース塗ったら出来上がり。





2人かかりですが、3口コンロなら一度に2人分焼けるので便利ですよ。
こうしてやれば、大掛かりなホットプレートを使用なくして広島風お好み焼きができます。
(フライパン3つ洗わないといけませんが。)


それに2人で料理をつくるのも楽しいですよ! お試しあれ!
参考 → これが我が家の広島風のお好み焼きの作り方
次回 → 家で揚げもみじを再現しよう!