ドラマ「トンネル~国境に落ちた血」シーズン1のネタバレ感想

Huluでドラマ「トンネル~国境に落ちた血」シーズン1を見ました。
全10話。イギリスのドラマです。





イギリスとフランスの国境で遺体が見つかるところからスタートした刑事ものです。




以下、ネタバレします




イギリスのドラマを立て続けに見ていますが、、、


ドラマが大人しくて、淡々としていて、盛り上がりがない・・・・


うーーん・・・ですね。



さて、トンネルですが。

犯人のTT(真実のテロリスト)ですが、一体何をやりたかったのかな・・・。
自分が精神的に参って、この世のあらゆるもののすべてに裏切られ、息子も死んでしまって、、、社会とカールへ復讐がしたかったということですかね。

だから、カールの息子が最後の標的に。

精神的に参りながらも、一連の事件をよくあそこまで綿密に組み立てられたな・・・。
まあ、それに尽きますが・・・イギリスとフランスの2国で犯罪を行って、しかも動画配信やリアルタイムで動画配信をやっても捕まらないものでしょうか。

不思議で仕方ない・・・
こんなところを気にしているので、純粋にドラマが楽しめないのかもしれません。



TTが世の中に矛盾を問いたかったようですが、見ながら・・・


ごめん、何も感じなかったわ・・・



です。イギリスの人は大いに感じるところがあるのでしょうか??

TTを少しずつ追い詰めていくのはちょっとワクワクしましたが、登場人物が多すぎて、何が何やら~~と言っていたら、その人物が殺されたり、事件を起こしたり・・・。
TTはそうやって他人を感化させたようですが・・・そこまでのカリスマ性はあったんでしょうかね。


うーーーん。
とにかく、カールは女にだらしないし、エリーズは違う意味で奔放過ぎ、息子はグレ過ぎでだから最後はなんとも感じなかったな・・・そんなことしか記憶に残らなかったかも。

あとはTTが起こす事件をただただ追いかけるだけでしたもんね。


結論としては・・・1話が面白いと感じなかったら、あとは見ても同じ・・・ということでしょうか。
こんな感想ですんません。