書評:人生がラクになる7つの方法(メンタリストDaiGo)

メンタリストDaiGoさんの本「人生がラクになる7つの方法」を読みました。


本書では人生をラクにする7つの方法として「セルフ・プロデュース」「会話」「習慣」「知識獲得」「恋愛術」「ノート術」「カリスマ」を紹介し、残りの部分で読者(?)の悩み相談に答えています。



こんなことを書くと失礼ですが、一体何の本なのかよくわかりませんでした。
7つの方法は全体の1/3程度で、残りはお悩み相談66で構成されていて、7つの方法とお悩みには何のリンクもありません。

7つの方法は1/3程度なので、そこまで詳しく書かれているわけでもなく、DaiGoさんの他書で書いてある事の繰り返しを薄くしたものです。


ということで、7つの方法は浅く、その後2/3の紙面を割いて、お悩み相談を展開しているので、・・・「何の本なの?」となってしまいます。



またお悩み相談も高校生・大学生を対象にした程度のレベルで、ハードに働く社会人向けではありません。
「バスで一緒になる人と仲良くなりたい」とか「お小遣いアップの交渉術を教えて下さい」とかいってレベルです。
漢字も少ないです。


ぼくの状況下では買い推奨ではありませんが、日常のちょっとした悩みがある場合にはありなのかもしれません。
というのも、メンタリストの立場から回答してくれるので、ハッとした回答が多いです。