FXで月100万円儲ける私の方法

FXで脱税数億円といった新聞記事があったせいか、FXには「楽して儲けられる」というイメージがついて回っている気がしてなりません。

そして、本書のタイトルは「FXで月100万円儲ける」と書いてあり、「これを読んだら自分も楽して月収100万になるかも!」と思ったら大間違いです。
そんな軽い気持ちで100万円稼げるなら誰もまじめに働きませんし、お金の価値が一気に崩れてしまいますよ。

あくまでも、この本は「私の方法」ですから。
ただ、FX手法を(どこまで鵜呑みにしていいのか、正直わかりませんが)公開しており、それはFXを副業や資産運用として位置づけている人には有益な情報であると思います。




こんな本です


FXとはといったとこから解説がしてあります。
よくありがちななんでも手広く書いてありますというわけじゃなくて、

私はこういう分析を使って実際にトレードしていますよ!

と手法まで言及されてあり、より実践的な本です。

こんな人におすすめ


・何にも根拠もなくFXをトレードしている人
・FXに興味がある人
・他のトレーダーの取引手法に興味がある人

FXで月100万円儲ける私の方法

感想


1.実践的な本である

何よりの収穫は、他のトレーダーがどのように取引をしているのかがわかったということ。
これに尽きます。
チャートの分析はどの手法がいいのか、そしてどれと組み合わせるのか。
これがわかれば苦労はしませんが。

この本には載ってあります。

自分もけっこうFXをやっていますが、なるほどな、こういう読み方、使い方をするのかととても参考になりました。

著者自身の取引スタイルはこれだけじゃないと思いますが、アウトラインは見えるので一読の価値があります。

FXで月100万円儲ける私の方法  

2.読んだからといった稼げるわけじゃない

冒頭にも書きましたが、読んだからといって稼げるようにはなりません。
バットの振り方を教えてもらっても、ホームランが打てるようにならないのと同じです。
FXは打ち出の小槌ではありませんから。

本書の中で書かれてあるとおり、「デモトレードをしっかりとやる」
これに尽きます。

デモでうまくいくなら、本番もそれなりにうまくいくはずです。
しかしながら、本番は実際にお金がかかっているわけで、平常心を保つのは本当に至難の業です。

それを苦労して乗り越えてこその利益なわけですから、簡単に儲かるわけではありません。。。
FXをやっている人の、70%(一説によると90%)は残念ながら負けているわけです。

そして、「自分だけは大丈夫」なことはありませんからね。

3.月収100万円の内訳

どうやって月に100万円を稼ぐのか、その内訳は以下のように書かれてあります。
元手1000万円。

700万円でスワップ5万を達成。
残りの300万円のデイトレで95万円を達成

だそうで。
だったら、、、300万円で100万を達成すればと思ってしまいますが・・・。
それに700万円で月5万は安全にしても、ちょっと利益は低いですね。

という感じで、100万稼ぐためには、100万負けるかもしれないってことでもあり、より勝つためには、チャート分析をしてしっかりとエントリーのタイミングを見極めよ、です。

FXで月100万円儲ける私の方法  

4.休むも相場

読んでいて良心的な本だなと思うんです。
とても共感できるところが多くて。

負けトレードを少なくするためには、勝つ確率を高くすること、そのためにはいつもトレードをするのではなくて、チャンスはいくらでもあるから待つのも必要だと教えてくれます。
FXを長年やってきただけ合って、色々な注意が書いてあり、勉強になります。

初心を忘れてはいけませんね。


という感じで、久々に実践的なFXの本に出会ったという印象です。
FXが興味がある方は読んでも損しない本だと思います。