書評:10年後あなたの本棚に残るビジネス書100~人生のメンターを探す本

今、人生のメンターを探して旅に出てます。

といっても、心の旅ですが、、、仕事もちゃんとしていますよ。

結局、どこにいったかって、読書に行っています。

「もしも、あなたが本を書いてくれとお願いされたら、どんな本を書きますか?」


ぼくなら、自分のすべてをこめた渾身の一作にしようと書きます。
なるかどうかは別。

みなさんも同じじゃないでしょうか?

10年後あなたの本棚に残るビジネス書100  

その渾身の物に値段をつけるとしたら、いくらにします?

1万、いや、100万???

そんなものを実際には1500円とかで売ってあるってすごいですよね。
となると、本って、その人の人生そのものであるわけ。

↑受け売りの言葉だけど、本当に実感するわけです。

テレビをただなんとなく見て過ごす時間で得るものとと読書をして得るものの違い。
それって本当に大き過ぎて、この頃、読書の偉大さを実感するわけです。

世の中にはすごい人がたくさんいて、その人と出会えたら自分の人生が一気に変わっちゃうってこともあると思うけど、実際には出会えないので、本という形で出会いをまず求める。
そして、自分で勝手に弟子入りしちゃうというわけです。

そんなスタンスが今の自分です。

本を探すには、手当たりしだいでもいいけど、自分が信頼する人、尊敬する人から紹介してもらう方がよっぽど早いし、確実。
そんなわけで、本書に行き着いたわけです。
関連記事をお探しなら、タグをチェック → 神田昌典


こんな本です


読書家であり、著名な実業家でもある、神田 昌典さんと勝間 和代さんの共著で「10年後あなたの本棚に残るビジネス書100」とまさに今の自分にうってつけのタイトルです。
読んでいる本の量は半端じゃ無いです。。。1ヶ月に50~100冊とか・・・

本書に関係ないけど、「ユダヤ人大富豪の教え」を書いた本田健さんは、1日に30~50冊読むらしいです。
読み方の方法が違うんですけどね。


そんな神田さんや勝間さんが、究極・至高の10冊ずつ、そして本棚に残る40冊ずつの計100冊を紹介してくれます。
また、対談なども入っており、読書をしてビジネスを成功させたい人にはぴったりの内容です。

こんな人におすすめ


・仕事で行き詰まって、どうしたらいいかわからない人
・ビジネスで成功したい人
・読書の習慣があり、自分に何かを身につけたい人
・自分の周りに「ついていきたい」と思える人がいない人

10年後あなたの本棚に残るビジネス書100  

感想


1.読書なくして成功はありえない

「もしも、オリンピックに出ようと思ったら何をしますか?」

と聞かれれば、あたりまえだけど、「練習!」って答えますよね。
当たり前すぎて・・・。
ですが、

「ビジネスで成功するためには何をしますか?」

って言われたらなんて答えますか。
「仕事を頑張る!」「新しいビジネスを提案する」なんて答えてもなんか違う。

今の自分だったら、「まずは勉強する。読書する」って答えます。

10年後あなたの本棚に残るビジネス書100  

成果を出すためには、努力がいる。
その努力はオリンピックであれば練習して、自分に身につけさせるわけですから、ビジネスであっても同じ。
それをどこで養うかといったら、仕事をしながら身につけるのでは、実は足りない。

そこで読書の価値が出てくるんだと思ってます。
成功した人の言動、考え方などにふれて、自分を高める努力をしなければ、今より伸びていけない。

本にはそれだけのエッセンスが詰められいて、成功した人の多くは読書の習慣がちゃんとある。
職場が自分を徹底的に鍛えてもらえる環境があればいいですが、そのジムのような職場はなかなかないでしょう。

自分の無知を知り、自分を伸ばす大事さを実感して、読書する。
これが成功の近道である。

逆に言えば、読書のような努力もせずに成功はありえませんよね。

10年後あなたの本棚に残るビジネス書100  

2.メンターが見つかる

就職した時には、日々の仕事をこなすだけで精一杯でした。
それが5,6年も経ってくると余裕も出てくるし、視野も広がる。
先の見通しも立ってくる。

そんな中で
「自分のメンター(師匠)がいない」
「尊敬すべき人がいない」
「ついて行きたい人が見つからない」

という現状に行き当たりました。
自分をもっと上へと引っ張ってくれるような人が見当たらない・・・きっと多くの人が感じているのではないでしょうか。

それを人材不足と嘆くのは早い。
読書に求めればいいのではないか。

良書との出会いが自分を上に引っ張りあげてくれると。

10年後あなたの本棚に残るビジネス書100  

本書にはそんな出会の可能性を秘めた本が100冊もあるわけです。
実際には読んだ本が7冊くらいはありました。

ここからどんどん本を探そうと思います。



最後に。さっそく購入した本。
今後もどんどんそろえていくつもりです。
勝間本の次回 → 史上最強の人生戦略マニュアル(フィリップ・マグロー)~現実主義的に対応しよう
神田本 → 読むスキルを身に付けるとあなたの人生が変わる~[新版]あなたもいままでの10倍速く本が読める(ポール R.シーリィ)