シャンプー「ジャンティ」使い終わり。そして、補充へ

紆余曲折あり、シャンプーを探しており、流行りのノンシリコンシャンプーを試しました。
参考 → ノンシリコンシャンプー「レコル」を長く使ってみた感想


・・・思ったほどに効果も実感できず、妙に髪がきしんでしまって「なんだかな・・・」感がぬぐえなかったのをよく覚えています。
で、そこから、少し高いんですが、鳴尾化学研究所のロオナ ジャンティ シャンプーに替えました。
参考 → 一度使ったら効果がはっきりわかるシャンプー「ジャンティ」


このシャンプーがすごくよかったんです

ということで、うちのシャンプーはジャンティに決定になったわけです。



ジャンティにしてから何がよかったかというと、
使われている成分がいいものであること、洗いあがりがさっぱりすること、トリートメントなしで問題ないことです。安心して使える感が高いです

※ トリートメントに関しては、昔に美容師さんに聞いた話ですが。レビューなどでも、使っていない人が多いです。


一番のネックは400mlで2,090円という値段でしょうか。
男の立場で言えば、将来のハゲを考えるならいいものを使っておきたいので、「しょうがないか・・・」と思えるラインです。
でも、高いです。

けど、満足感は高いです。

という、購入前の葛藤があります。



で、そんなこんなで、




使いきっちゃった!



わけです。で、ジャンティのありがたいところは詰替えがあるんです。

1,000mlで3,880円。0.5本以上お得です。


ので、どどーーんと購入しました。





無事に詰替しました。





まあ、値段のことを言い出すとキリがありませんが。
納得したものを使い続ける安心感・安定感はいいものです。
毎回どれにしようとジプシーになるのは勘弁ですから。

興味がある人はAmazonでカスタマーレビューを調べてみてください。