書評:整理HACKS!―1分でスッキリする整理のコツと習慣(小山 龍介)

HACKS!シリーズで有名な小山龍介さんの本を固め読みしています。
今回は「整理HACKS!―1分でスッキリする整理のコツと習慣(小山 龍介)」を読みました。

さて、今回も読書メモで行ってみたいと思います




1.目新しい物は少ない

STUDY HACKS! を読み、次にTIME HACKS!を読むと、もうほとんど目新しいものはありません。
言いすぎかもしれませんが、HACKS!というのは、そういうものだと思います。

とにかく、「最新のグッズ」を使って「無駄」を省き、余計なものを「捨て」、「みんなで共有」でき、「どこでも」働ける、そういう感じです。
ですので、HACKS!シリーズのどれかを読めば十分とも言える気がします。




2.読書メモより

1)プリントアウトは容赦なく捨てる

→ パソコンにデータとして残っている書類を、紙で持っているのは無駄である、という認識を頭に叩き込む

2)リファレンスファイルを充実させる

→ よく使う画像やテンプレート、書式などのこと
 → 基本は使い回し。その度に作らないでいいようにしておき、クラウドに保存して使えるようにする

3)面倒臭いを減らす

→ プロセスをより実用的にするためには面倒臭いを1つずつ減らしていく
 → 整理ハックとは「直感的に把握できて考えなくてよい」とか「面倒がない」を目指すデザイン思考プロセス

4)小物を透明ポーチに入れる

→ かばんは立体的収納に弱いので、透明ポーチを入れるとよい
 → 乱雑さを減らし、見てわかるようにする。100均で手に入れる

5)本の目次をノートに貼って書籍データベースに

→ 本をスキャンした後にノートに目次を縮小して貼っておく。
 → 目次を見るだけでいろんなインスピレーションが得られる

6)1年経ったら名刺を捨てる

→ 人脈は”生もの”で、その賞味期限は短い。
 → 1年も連絡を取らない相手とはビジネスもしない
  → 名刺捨てたくなかったら、その時に連絡を取る
 名刺にもらった日付を入れておくようにする



終わりに

小山さんの本が3冊目になり、そろそろいいかなと思ってきました。
といいながら、あと2冊ほど読む予定です。

同じような内容が多いですが、もちろん発見も十分あります。
一度もシリーズを読んだことがなければおすすめです。
では!

次回 → 書評:会計HACKS!(小山 龍介,山田 真哉)