プラグイン「post-views」が多機能で便利過ぎる!~WP-PostViewsではありませんよ

個別記事がどれだけ見られているのかを知るために、「WP-PostViews」というプラグインを使っていたんですが、
私が使ってる WordPress プラグイン 全30種のまとめ備忘録。 という記事に「post-views」が紹介されてあり、さっそく導入。


便利過ぎる!!!


いや、本当に。すごい・・・。
しつこいですが、WP-PostViewsではありません、post-viewsです。



WP-PostViewsは次のように、一覧記事の画面でページビューを表示してくれます。
これは記事総合より



で、カテゴリーごと、月ごとなどのフィルターを掛けて並べ替えできます。

post-viewsではどうか。
インストールして有効化すると、管理画面の「設定」の中にPostViewsが出てきます。
WPもいれているので2個でますが、スペースありの方です。




クリックすると、こんな感じで「今日、1週間、1か月、半年、1年、トータル」の集計を出してくれます。
もちろん、様々な並べ替えにも対応してますので、より詳細に知ることが出来ます。



どういう理由かはわかりませんが、トータルに関してはWPの方と一致してます。
どこかでカウントしているのでしょうか。
ただし、今日、1週間などは有効化した日からカウントですから、しばらく経ってみないとその効果は実感できません。


切り分けた分、わかりづらいかもしれませんが、一番上の表示です。
様々な集計が用意され、フィルターもかけられます。



Rankingを押すと、トータル、1年、半年、1か月、1週間、今日の記事ランキングが一覧表示されます。
もう圧巻です。

てか、必須プラグインですよ!

なお、WP-PostViewsの方も並列して使ってます。というのも、記事一覧でページビューを表示してくれるので、最近の記事の動向がわかりやすいです
では!
次回 → ブログテーマを「Stinger3」から「Simplicity」に変更しました