書評:引き寄せの法則(マイケル.J・ロオジエ)

「引き寄せの法則(マイケル.J・ロオジエ、監修:石井裕之)」を読みました。

引き寄せの法則って有名ですよね。石井さんの本を探していた時に発見したので、読んでみることにしました。
あっという間に読める本でした。




そもそも、

引き寄せの法則とは、自分が注意と意識とエネルギーをむけるものは、良いものも悪いものもすべて、自分の人生に引き寄せられる法則です

そう悪いものも引き寄せられるんです。
「出世なんて夢のまた夢だよ」なんて同僚に謙虚に言っていると、出世が夢のまた夢になる。
「あー時間がない」って言っていると、本当に時間がなくなっていく。


本来欲しいものは良いものだけ。
でも人間の思考はネガティブなものに意識がいきやすく、しょっちゅうネガティブなことを考え、ネガティブなものを引き寄せています。
特に代表的なものが「するな」「しない」「ない」という否定的な言葉。これがマイナスの波動を発生させ、ネガティブなものを引き寄せてしまう。

例えば、慌てないなら、「落ち着いて」とどうしたらいい? を問いかけ言葉を直していきます
「遅れないで」なら「時間通りに会いましょう」と言い換えればいいわけです。



こうして日々の波動をポジティブなものに変えていき、良いものを引き寄せます。
ただ、引き寄せるには自分の願望、願望に注意を向ける、受け入れることが必要です
他の成功本で言われている通り、何が欲しいのか、望みなのかをはっきりさせない限り引き寄せることはできません。


願望をはっきりさせ、それをポジティブに考えて引き寄せ、受け入れるといいわけです。


最後に。
本書はあっという間に読めてしまいます。
眠りながら成功するとか、目標は書き出せとか、その手のことを「引き寄せるの法則」と表現しているだけではありますが、読むと不思議と発想がポジティブになるのを感じます。
ネガティブな発想に陥りがちな人にはおすすめです