書評:「心のブレーキ」の外し方~仕事とプライベートに効く7つの心理セラピー~(石井裕之)

眠りながら成功するマーフィーの潜在意識をわかりやすくした本かなと思いました。

それが「「心のブレーキ」の外し方~仕事とプライベートに効く7つの心理セラピー~(石井裕之)」読んだ時のイメージです。

ですので、人間の持つ潜在意識? そんな非科学的なものは信じられないという人には受け付けない内容だと思います。
潜在意識について興味があれば、眠りながら成功する~よりも読みやすく、くどくなくいいですよ




1.ブレーキ=現状維持をぬけるために

潜在意識は現状を維持しようとする作用があります。
他の本で言えば、今の習慣を維持しようとするコンフォートゾーンの考え方などで言われてますね。

そうすると、現在がすごく不満な状態、例えば「貧乏」「ストレスの多い仕事」「人間関係」なども維持しようとしています。
これが心のブレーキです。

今の状態から抜け出すためには、一歩踏み出すこと、この一歩に大きなエネルギーがいります。
そして、新しい自分に慣らしていけばいいわけです。

と書くのは簡単ですが、新しい習慣を身につけるのはとても大変ですから、スモールステップでいきます。
スタートは、繰り返して、できるだけ丁寧にゆっくりとやっていきましょう。
そして、最初の小さな一歩を認め、喜び、伸ばしていきましょう。




2.感情が長続きしない理由

あれだけ○○しようと思っても、いつの間にかその思いはどこかに行き、元の自分に戻っています。
そう、感情は放っておいても持続すると思い込んでいますが、実際には放っておいたら消えるものです
ですから、いくら自己啓発書を読んでも気持ちが変わるの一瞬だけです。

大事なのは、気分が高揚したら、それをその場で”行動”に変えること。
そうすることで定着できます。
感情は受動的な体験であり、行動は能動的な体験、という違いがあります。

自己啓発書を読んで気分が高揚したのは体験、そこから何らかの行動に移すという能動的な体験が必要なわけです。
出来る人ほど行動が早いといいますよね。それです。
誰かとあって感謝したら、それをその日のうちにメールするとか。




3.たくさんの自分

潜在意識の中には”たくさんの自分”がいるそうです。
“成功を求める自己実現担当の自分”とか”常に健康に留意してくれる健康担当の自分”とか”お金やものの充実を求める経済担当の自分”とか。
これらの調和が、自分だそうです。

もしも、あなたが何かをしたいと思うと、その自分だけが突出してしまうと他の自分に足を取られてしまいます。
成長するときには、全体がそろって仲良く成長するものだから

そのためには、常に人生全般に心を配りましょう。
“興味のない分野の本を読む””家族の写真を飾ってみる””仕事の区切りに小旅行に行く”など、そうやっていろんな自分を意識してみましょう。




4.潜在意識は答えを探し続ける

私たちが何かを認識する時にそれは「意識」です。
潜在意識は無意識であり、自分では気づきません。
何かを意識が考えるのをやめても、潜在意識は答えを探し続けます。ずっと。

やる気がでない人は、答えが出るはずがない質問を自分に投げかけてしまっているのです

「何をやってもダメなんだろう?」と考えても、そんな答え出るわけがありません。
しかし、潜在意識はそのことをわからずに答えを探し続けます。
「あのときに○○をしていたら・・・」「なんで理解されないんだ?」というのも同じ。
潜在意識は答えが見つかるまでストップしないので、たくさんの答えが出ないものを探し続け、疲れているわけです。

もしも、それを「ぼくには、何ならちゃんとできるでしょうか?」と答えが出る質問に変える。

何かにチャレンジする場面があったときに、やってみれば答えが出てすっきりしますが、もししないときに「やっていれば・・・」と悩めば答えの出ない質問を潜在意識に投げることになります。
だからこそ、チャレンジするならやってみるに限る

潜在意識を疲労させるよりも、答えが出るほうがよっぽどいいわけです。




5.過去も未来も変えられる

潜在意識の世界には、時間というものがない

これにはさすがに驚きました。
過去も、未来も、”今、この瞬間”のあなたによって変えることができるそうです。

過去の出来事は変えられません。
が、そこには意味があります。潜在意識にとってはこの意味が大事なのです。
大事なのは、”今の自分の在り方”にふさわしいものが自分に引き寄せられることです。

だからこそ、どんな状況にあっても、”今、できること”だけを考え、それを実行すること。
とにかく嘘でも自信を持って行うこと。潜在意識にとって根拠があるとかないとかは大事ではなく、あなたが自信を持っているかです。
目標を実現した自分をイメージし、そのとおりに行動してみましょう。

潜在意識はそれを本当だと思い込み、すべてのものを引き寄せてくれます。




終わりに

まさかここで潜在意識の本に出会うとは思いませんでした。
眠りながら成功するマーフィーの本よりも、本書の方がわかりやすいかなと思いました。
参考 → 考え方を変えるだけ成功するならどうする?~眠りながら成功する(ジョセフ・マーフィー)


潜在意識を信じるかどうか・・・それは別として、強い信念が絶対に必要です。
そのために、と思えば効果出ると思います。

そうそう、上記の参考記事で潜在意識にお願いしたことは見事に実現しました。次なるステップに行きたいと思います。
では
次回 → 書評:コールドリーディング‾ニセ占い師に学ぶ! 信頼させる「話し方」の技術(石井裕之)