ノートパソコンが修理から戻ってきました

1月で丸3年になろうとしているメインノートパソコンが、突如として、ディスプレイに横線が入る、映像が乱れる現象が起こりました。
ディスプレイの角度を調整すると正常に戻るので、配線の一部がだめになっているのだろうと思い、使い続けていると、

どんな状態でも乱れまくる・・・

ということになり、ギブアップ。修理に出してきました。
購入したのはヤマダ電機で5年間保障に入っています。



電話で聞く限り、保障の対象のようなので、持って行きました。
結果。

10日後に無事に戻ってきました。



修理の明細を見ると、パソコンは”東芝PC集中管理センタ”に送られ、「内蔵液晶ディスプレー接続ケーブルの故障」であるので交換したと書かれてあります。
修理費は18,000円弱。もちろん、無料でした。




ヤマダの修理受付の人に聞くと、今回のような症状自体はよくあることだそうです。
ディスプレイとPC本体をつなぐ”ヒンジ”に配線が通っており、ディスプレイを開けたり閉じたりするときの摩耗で起きるそうです。



そのため、「両側のヒンジ部分を意識して開ける」か「真ん中を開ける」などして、負担がかからないように開けるとよいそうです。
乱暴に片手で端っこを持ち上げるのはだめってことです。

パソコンの5年保障のために、5%分だから、、、6,000円近く払っていますが、こうやって直してもらえたらありがたいの一言ですよね。
それに比べiPhoneの保障は・・・月500円とかべらぼうな額ですよね・・・・。
もう少し安くなりませんかね。(入ってないけど

ちなみに、今回の修理ではデータは消えませんでした。