ジャーマン・ラミレジィの繁殖への道がスタート!?

突然のことで恐縮ですが、職場の水槽でジャーマン・ラミレジ(ドイツブリード)を飼っておりまして、そのラミレジが・・・!!
ということになったので、急きょ記事にしてみました。


突然企画であり、その様子を伝えるのが、申し訳ないのですが、iPhone4Sのカメラです。

プロカメラというアプリを使ってます。
いろいろと有料のカメラを試しましたが、これが一番いいように思います。

残念ながら、この頃ちょっとずつ腕が上がってきたかのように思える一眼パワーと比べると・・・ですが。



ジャーマンラミレジ(ドイツブリード)が来たのは1月5日。


チャームの新年のセールが不発だったのを、セールで安くなっているぽかったので、こちらで発散。

ペアで2200円くらい。

ジャーマン・ラミレジィのペア(ドイツブリード)



ラミレジのオスメスの見分けはある程度大きくなったら簡単のようで、メスはオスより2回りも小さいと。

ちなみに、こちらはオスです。

ジャーマン・ラミレジィのペア(ドイツブリード)



1月21日。

2週間も経つと、本来の色が出てきます。
ライトに照らされて、青に発色。

本当に自ら光っているかのような鮮やかさ。

ジャーマン・ラミレジィのペア(ドイツブリード)



ペアの写真。

左がオスで、右メス。

メスは成熟すると、お腹がピンクに染まるそうですが・・・

ジャーマン・ラミレジィのペア(ドイツブリード)



染まっとるじゃないか


ま、まさかね、ここからが長いんだし


と思っていたら、

2月29日

ジャーマン・ラミレジィのペア(ドイツブリード)が産卵



産んじゃった!!!

びっくりです。
ついでに、水槽の左奥の顔もカメラも突っ込みにくい場所を選んでの産卵はちょっと迷惑。

ジャーマン・ラミレジィのペア(ドイツブリード)が産卵



ラミレジは、アピストグラマと同じドワーフシクリッドの仲間で、子育てをすることで有名です。
様子を見ていると、オスが卵を守っていることが多く、ヒレをすごく動かしているので、水を送っているのかもしれません。

卵は石とかの上などオープンな場所に産卵するタイプです。

ジャーマン・ラミレジィのペア(ドイツブリード)が産卵し、孵化する


仲良くしているようでよかった。
けど、まあ、どうするかなー、他の魚が多いから食卵するんじゃないのか、とかなんとか悩んでいたら、


3月3日

ジャーマン・ラミレジィのペア(ドイツブリード)が産卵し、孵化する



稚魚生まれちゃった


100匹くらいいるかも・・・。
ラミレジのペアは、本当によく面倒を見てくれてます。

それがすごくいいですよ。本当に。

にしても、

ジャーマン・ラミレジィのペア(ドイツブリード)が産卵し、孵化する



本格的にどうしよう・・・


ぐだぐだ対応がここにきて裏目に出ました。
しなければいけないことは、

1 稚魚のえさの確保
2 稚魚を隔離するかどうか


です。
えさはブラインで、隔離は・・・なしでやってみるかなー。。。

うちのは、ドイツブリードです。見ていると、ドイツ>東南アジアのようです。

あげているのは、テトラプランクトンです。




charm(チャーム) 楽天市場店

アクア用品ならまずはチャームをチェックするといいですよ。
品数、値段、梱包に大満足!ほとんどをチャームで購入しました。 5,400円以上送料無料