書評:コストコstyle+

コストコ広島倉庫店、デビューしました!!
とあるようにコストコデビューを果たしたわけですが、


勉強不足だった・・・


巨大すぎて、何もかもに圧倒されて・・・脳がパニックになっていました。
コストコを本格的に利用するためには知識が必要だと、購入したのが今回の本と次回の本です。



本書の特徴は、コストコの商品のどれがお買い得かを、グラム単価などで表示し、スーパーの価格と比較している点です。
もちろん、すべての商品については無理ですが、メジャーなものは抑えてあります。



どどーーんとAmazonで購入。





便利な冷凍エビでは、わかりやすいように大きさと値段の比較があります。




エビフライにしたい・・・


なんて考えつつも・・・。


嬉しいのは、商品の解説を専門家がしてくれているところ。
本書を読んでわかったことは

コストコは安さだけじゃなく、鮮度や品質にもこだわりがあるってこと





こういうところにいってしまうと、つい「いつものスーパーより安いかどうか」を考えてしまいますが、コストコでは品質も考慮。
だって、一度も冷凍されていない、肉や魚が並べてあったり、店内で焼いたパンが販売されていたりするんですよ。


そうそう。

アメリカン・ビーフの格付けは4段階あり、いい方からプライム、チョイス、セレクト、スタンダードとなっています。




で、驚きなのは、”チルド”と書かれてある肉は、なんと一度も冷凍されていない&熟成肉だそうです



なるほど・・・勉強になりました。本を読まないと永遠にわからないことでした。
だから、コストコの肉はおいしいのか。





本気でコストコを利用しようとしている方にはこの手の本が必須かなと思いました。
勉強になりますよ

次行くときは、前回よりもしっかりと攻略してきます。では!
次のコストコ本 → 書評:コストコLife 2015 ベストランキング