⑬水質について考える―ゴールデンハニードワーフグラミーの繁殖Ⅱ

ゴールデンハニードワーフグラミーの稚魚たちが日々増えていくのはいいことなのですが。
一向に大きくならないのが問題であり、日に日に水槽の水が汚れていき、ジリジリと危機感が沸いてきます。



水質の維持が課題です。

亜硝酸、アンモニアはたいしたことないはずですが、えさや死体、未受精卵のカビのせいで随分汚れてきました。
(奥に見えるペットボトルは60cm水槽の発酵式二酸化炭素用)

ゴールデンハニードワーフグラミーの稚魚たち
ちょっと気になったので、亜硝酸濃度を測ってみました。




0.3mg/l未満ということでセーフです。

ハニグラ稚魚水槽の亜硝酸濃度



亜硝酸、アンモニア的にオッケーです。
やっぱり、問題はインフゾリアの添加、稚魚用えさの投下、稚魚の死体、未受精卵のカビですね。

インフゾリアを沸かして入れていたら、はっきりいって腐った水をどんどん入れるようなものです。

稚魚のえさひかりパピィは入れてみますが、食べきれず、下に沈んでしまいます。


水換えは危険なので、追加のみ。
ごみがたまる仕組みですね。

ミナミヌマエビを入れてみることにしました。

30cmキューブより転勤命令。


ハニグラ稚魚水槽にミナミヌマエビの投入


水あわせ後、投入。

とりあえず、ツマツマ開始。

ゴールデンハニードワーフグラミーの稚魚とミナミヌマエビ



水槽の位置が低くて異常に取りづらい・・・。
底もろ過材も汚れました・・・。

ハニグラ稚魚水槽のミナミヌマエビ


そして、思い出したのが、水草の浄化作用。

本当かどうかしりませんが。
余っていたアヌビアス・ナナ(黒ヒゲにやれるので撤去されてました。)

浮くので、根にエーハイムメックをつけて沈ませます。



アヌビアス・ナナ+エーハイムメック



ろ材の汚れ具合の差、すごいですね。

ハニグラ稚魚水槽と水草



あっ、浮いたアヌビアスナナはご愛嬌で!

↑これをみて、エーハイムメックを根につけました。





charm(チャーム) 楽天市場店

アクア用品ならまずはチャームをチェックするといいですよ。
品数、値段、梱包に大満足!ほとんどをチャームで購入しました。 5,400円以上送料無料