WordPressのURLをサブフォルダからルート直下に変更する9の手順

ブログがWordPressの移転して何年経っているんだと言われそうですが、ようやく実現しました。
アクアリウムの森は初めてのWordPressのサイトで、なぜか、サブフォルダにWordPressをインストールしてしまったので、

moriaquarium.com/wp/

が、ブログのトップページになってしまっていました。
これは、他のブログを運営するかもしれない、っていう保険からでしたが、そんなことしなくてもいいことに後々気づきます。(後述)

このアドレスを moriaquarium.com/ にするためにした手順と参考URLを書いておきます。


サブフォルダからルート直下に


1.WordPressの管理画面でURL変更

2.index.phpを変更
サブフォルダ内のindex.phpを変更し、ルートフォルダにアップロードします。

という以上の手順で表示がされると思います。
参考URLはこちら

サブディレクトリにインストールした WordPress をルートディレクトリに表示する | さあ WordPress をはじめよう

リンクURLの置換。ただし、画像はそのまま


3.記事内のリンクを一括置換

アクアリウムの森はすでに1,200記事もあるブログです。
ある意味で命がけの変更なのですが、実はこのままではうまくいかないのが、記事中に貼り付けたサイト内リンクです。

過去記事を参照するのに使いますが、この時のものは勝手には変わりません。
このため、規則性を利用して置換します。

プラグインの「Search Regex」をインストールして、ツールからアクセスし、置換します。
wpというフォルダをなくすので、wpがなくなるようにします。”/”が重複しないようにうまく設定します。


Search Regexで一括置換

4.画像リンクを置換する

これですべてオッケーかと言ったらそうでもなくて、そもそもの画像自体が「wp」フォルダ内にあるので、3.の置換後では、画像リンクがwpフォルダを参照しないので、リンクがすべて無効になってしまいます。

ので、規則性を利用して、img というところから、元のwp内にアクセスするように置換します。

画像用にSearch Regexで置換

5.ウィジェットなども置換する

ウィジェットに自分でおすすめなどの記事内リンクをしている場合も変更が必要です。
アクアリウムの森の森では、水槽ごと、生体ごとの記事リンクを作っているので変更しました。


サイトマップも変わっている・・・


6.サイトマップの再送信

まだまだする作業はあります。
ブログを検索してもらうためには、Googleにサイトマップの送信が必要で、変更があれば再送信するほうが望ましいです。
(しないと、エラーとして扱われ、不利になるからです)

サイトマップはプラグインの「Google XML Sitemaps」を利用していて、変更時には再送信するように促してあります。
やることはクリックするだけですよ。

XMLの再送信

再送信すると、Googleのウェブマスターツールに移動し、そこで古いサイトマップを削除します。
wp/sitemap.xmlというのが古いバージョンでした。


お知らせをすること


7.トップページ等でURL変更のお知らせをする

運営者としては当然ですが、URL変更のお知らせをします。

RSSのリンクも変更になっている可能性がありますので、確認します。
Googleのものを使用していたので変更は入りませんでした。


8.404エラーページの編集

検索エンジン等からアクセスすると、旧ページにつながります。
たったのwp/があるだけで、記事は見れません。
そのときには404のエラーページが表記されます。

404エラーページ

ので、こちらを参考にして、 ■WordPress404エラーメッセージ「おっと、失礼しました。」を変更する手順 » itkhoshi.com

次のようにwpがいらなくなったことを明記しました。

404変更後

ただし、この変更はユーザやGoogleが変更完了すればいらなくなるのではないかと思います。
ツイッター等でのお気に入りを考えると長く表示するほうがいいかもしれません。


下書きでプレビューが表示されない!


9.認証キーを再設定する

これで完了かと思いきや、サブフォルダからルート表示にすると、下書きのプレビューがされなくなってしまうエラーが出ます。
うちのブログでも出ました。

調べて見ると、サイトの表示を元に戻せばいいと書いてありますが、

本末転倒だし・・・

ということで、調べていくと。
以下のページに当たりました。

「下書きをプレビューする権限がありません」と表示されるとき | PHPプログラミングの教科書 [php1st.com]

要は認証キーが変になっているので、正規のものに上書きをするといいそうです。
そして、上書きをしてアップロードすると、、、


表示されない!!

と思って焦ってしまうのですが、WordPressの管理画面を一度ログアウトして、サインインすると表示されるようになりました。

余談。サブフォルダに入れないようにするために


サブフォルダにWordPressをなぜ入れたのか、というと、ロリポップのロリポプランを使用していて、データベースが1つしか使えなかったからです。
それを同等金額のミニバードに変更すると5つデータベースがついきますので、直下に入れてもあと4つもスペースがあります。

また、独自ドメイン.comは年間950円程度ですから、それが2つ、3つと増えてもそんなに影響ないと思います。
何より、ドメイン直下に置いて運営するほうがかっこいいですよ!

というわけで、ロリポプランならミニバードをおすすめします。



自分なら、ファイアバードが合ってますね。こちらは月額525円です。



終わりに


長い旅でしたが、終わってみると、ルート直下というのはとても気持ちがよくて、すっきりします。
やって本当によかった。

当分の間は、URL変更で検索からははねられるかもしれませんが、サブフォルダよりもルート表示の方がSEO的にもいいのではないと思うので、効果はあると思います。
漏れがあったら追記します。
次回 → 無料ブログからWordPressに記事をインポートするときは、改行に注意しよう