DVD付き カラダをリセット+体幹力UPのコアトレーニング

筋トレよりも体幹トレーニング。
体幹が流行しているだけなのか、それとも本質的なのか、見極めに至っておりませんが、体幹を鍛えることで効果が見えそうです。




著者の木場克己(こばかつみ)さんはサッカーの長友選手のパーソナルトレーナーも務めたことがあるほどの実績を持つトレーナーです。
体幹トレーニングについて詳細に書いてあり、おすすめの一冊です。

体幹とは


 
本書では、体幹を「背骨や骨盤に影響を与える筋肉」と捉え、8つの体幹とその役割を紹介しています。
広背筋、腹直筋、腹斜筋、大臀筋(だいでんきん)、中臀筋(ちゅうでんきん)、腹横筋、脊柱起立筋、大腰筋の8つ。

筋肉を正しく鍛え、背骨や骨盤を正しい位置に捉えること、そして、それによって体幹トレーニングのメリットが享受できます。


体幹を鍛える5つのメリット


 
本書で紹介されている次の通り。
1.姿勢がよくなる
2.肩こりや腰痛を改善
3.運動能力が向上する
4.太りづらい体質になる
5.ぽっこりお腹も凹む

体幹トレのステップ


 
トレーニングはDVDがついているので、DVDとテキストを見ながら進める形になります。
テキストでは、どの筋肉を使っているか、そしてどの程度負荷があるトレーニングなのかがわかって便利です。

1.柔軟性&体幹力の自己チェック
まずは、腰、脚、お腹などの柔軟性や体幹力のチェック。
ほとんどができないことに地味にショックを受ける・・・。

2.体幹周りのストレッチ
ストレッチなので、「ああ、たしかに写真の通り伸びてるー」と実感しながら出来ます。
とともに、自分の体の硬さが気になりますね。
ストレッチは楽しいです。負荷小さいですからね

3.体幹を固める(初級編)
体幹の基本はお腹周りにあり! = 腹筋が基本です・・・。
DVDのお姉さんは淡々と簡単そうにやってますが、、、地味だけどついていけないし・・・。
腹筋周り痛いし・・・
鬼教官!! って思いながら、力尽きながら・・・

4.体幹を安定させる(中級編)
ここからDVDはお兄さんに交代。
これまた淡々とやっていきます

中級編では、初級では前面をやっていたのに対し、背面を中心に鍛えるトレーニングになります。
腹筋が中心ではないですが、違った苦しみが生まれてきます。

特に、姿勢を真っ直ぐに保持する動きが多くなるので、どの筋肉に力を入れるのかイメージしながら、筋肉への負荷もイメージしながら行っていきます。
負荷の総量も増え、実現難易度も上がっていきます。
やっぱり苦しいです

5.体幹を連動させる(上級編)
ここから難易度がさらに上がり、体幹全体や体幹と腕や足の連動性を取り入れたトレーニングになります。
動きの要求難度も上がり、まずはDVDを見て動き確認し、テキストでどの体幹を動かすのかをイメージして行います。

感想としては、厳しい・・・の一言に尽きますね。
さすが上級編。
だけれども、続けていくとなんとかこうにか、なっていくのも実感できますよ

6.体幹を極める(プロフェッショナル編)
最後は木場トレーナーが実際にプロアスリートに提供しているプラグラムが載っています。
世界で戦うアスリートが実際に行っているトレーニングメニューであり、体幹部全体にもう一段階高い負荷をかけるものです。
「上級編まで完璧にこなせる体幹力を身につけた人は挑戦してみよう」とまで書いてあります。

ん・・・

これできるのかな? というくらい、高い壁が・・・。

しかも、このトレーニングって1回2回できたらいいというレベルじゃなくて、10回を何セットやるとかのレベルですよね。
非常に難易度が高いものが用意されていますので、目標にできるものがあっていい、という捉えで体幹を鍛えていくいいですね。

最大のメリットはDVDがついていること


 
ストレッチ本とかたくさんあり、買ったことがありますが、長続きしませんでした。
(この体幹トレが長続きするのかは、、、?)

今回はDVD付き本を買ってみて思ったのは、長く続けるにはDVDが一番ってことです。
本だけなら自分の意志で、重い体を引きずってやらないといけないのですが、DVDだと再生すると、DVDがペースメーカーとなってトレーニングができます。
映像が流れている間はさすがにがんばろうって気持ちになります。

これをiPadに入れてやっています。
この方がより一層手軽にできますよ。

1,200円+税という値段でDVDもついているのはお得です。
あとは、DVDを再生させるかどうかですね