大量の漫画を自炊しました~スキャンスナップで自炊をする方法

うちには大量の漫画あります。
古いものではもう18年以上も前から存在してます。
それらが、ずっと自分と一緒に移動するわけで、、、

どのくらいの場所と家賃を取ってきたか・・・

と考えると恐ろしい物があります。
このマンガたちが今後ともずっと、自分とともにあり続けると考えると、なんだか複雑な気がします。
物を減らしてシンプルに暮らしたい思いもあり、

すべて自炊して電子化する!!

という決断に至りました。
そんな自炊のお話です。

ちなみに、今回自炊したマンガたちは、封神演義、スラムダンク、BASARA、HUNETER×HUNTER、課長島耕作、部長島耕作、レヴァリアース、刻の大地、エヴァンゲリオン、ヒカルの碁、彼氏彼女の事情です。



0.自炊の前に

マンガを自炊して電子化するときにはいくつかのアイテムが必要です。
自炊の基本工程は 1.分解 → 2.裁断 → 3.スキャン の流れになります。

2.裁断ではマンガをカットする大きなカッターが必要です。
カール事務器 ディスクカッターを使用しました。1万弱。


安く済ませたい方は、1,000円程度で売っているロータリーカッターもありです。


そして、何と言っても3.スキャンの工程では、スキャンスナップが必要になります


スキャンの速さ、正確さなど自炊に最適のマシーンです。
価格は36,000円程度。自炊を今後共するならかなり使えます。

うちのは型が古いんですが、付属ソフトにAcrobatがついていてお得でしたし。
PDFファイルのページを入れ替えたり、追加したりできるオーガナイザーもついていて利便性が上がります。

当然のごとく、両面読み取り、超音波の採用で2枚巻き込んだ場合もスキャンがストップして処理の選択ができるようになっています。



1.分解

マンガの山、山・・・。たくさんあります。
今回、これをすべて電子化しますので。大変だ・・・。

大量の漫画を自炊しました~スキャンスナップで自炊をする方法


なぜ、分解の工程が必要かというと、裁断するときに、厚みが決まっているんですよ。
この間に入らないと切れませんので↓

大量の漫画を自炊しました~スキャンスナップで自炊をする方法


では、分解に移ります。
課長島耕作。。。これは分厚くて、コミックス2.5冊分くらいあります。

大量の漫画を自炊しました~スキャンスナップで自炊をする方法


表紙だけはフルカラーにして体裁を整えますから、適当にちぎったり、カッターで切ったりします。

大量の漫画を自炊しました~スキャンスナップで自炊をする方法



ここだけマンガ(ヒカルの碁)が違いますが、こうやって大きく開いていきます。
古いものはこれではがせるんですが、ダメな場合ばっかりで、カッターで切り取ります。

大量の漫画を自炊しました~スキャンスナップで自炊をする方法

で、目安にしたのは66ページ、つまり33枚です

仕様的には40枚いけるんですが、もしも入らなかったら分解の作業をしなくていけなくて、、、2倍の時間がかかります。
それにコミックは200ページ弱ですから、3等分するくらいがちょうどいいのです。

ちょっと厚い表紙も合わせてスキャンするので、最初の部分は60か62ページで切り取りました


切り取るとこんな感じ。このくらいの厚さが大事。

大量の漫画を自炊しました~スキャンスナップで自炊をする方法


で、あっけなく島耕作が分解されました。

大量の漫画を自炊しました~スキャンスナップで自炊をする方法


なお、数冊程度ならすぐに終わりますが、今回は100冊を優に超えているので、HuluでLOSTを見ながら作業しました。
この分解だけでも5時間以上は余裕でかかってます


2.裁断

マンガの分解が終わったら次は裁断の作業です。
以前に持っている本を自炊したので、クローゼットから引っ張ってきました。



こんな感じで、





マンガをセットします。
糊付けされている部分をきちんと切らないと、1枚1枚になりませんので注意



切り落とす部分を小さくしようとするとバラバラにならないし、大きめにいくとマンガの絵を切ってしまうし。
ちょっと迷ってしまいますね。


カッター自体は何度か往復すればサクッと切れます
ので、1冊につき切る作業が3回あるわけです。


で、出来上がり。




これで1冊の裁断ですから、延々と100冊以上をやるわけです。
これも5時間以上やり続けましたよ。。。
そう3日間かかったんですよ・・・LOSTが進む、進む。



3.スキャン

ここまできて、ようやくスキャンできるわけです。
大変ですよ・・・。

スキャンスナップにセットして、スキャンスタート。



保存はすべてPDFにします。
設定は以下のとおりにしました。

1)スーパーファインモード
2)白黒両面読み取りで、オプション無し
※ 白紙削除をつけると、マンガの構成が崩れる。上下ひっくり返しをつけると、マンガがひっくり返ることがあります
※ ここでは白黒で十分と判断。オートにすると、カラーになったり、グレースケールになり容量も増える。白黒モードなら、紙の色が白になり読みやすくなる
3)保存はパソコンにPDFで保存する(ScanSnap Organizerが立ち上がる)

そして、作業的には1冊ずつPDFファイルになるようにマンガをどんどん足していきます。
1冊の読み込みは問題なければ、200ページで3分30秒程度

もしも、↓のように裁断がうまくいかないと、つまります。



この場合は、読み込んだページを「残さない」設定にして、もう一度この2枚分を読み込むとうまくいきます。
※ この2枚同時読み込みはどのような状態かというと、1ページと4ページを読んだ状態で、重なりあった2,3ページがありません。ので、残さないを選びます

1時間で15冊程度ですから・・・仮に150冊分なれば10時間かかる計算です。
途方も無いですよね。

だから、LOSTが進む、進む。



4.編集

基本的にはスキャンが済めばほぼ完了ですが、最後の詰めの作業をします。

まずファイル名をマンガの名前+巻数にする。
そして、表紙だけをカラーでスキャンして、付属のソフトScanSnap OrganizerでPDFファイルの編集をします。

白黒で読み取った表紙を削除して、カラーの表紙を差し替えて保存します。
そうすると、カラーの表紙が出来上がり、見栄えが格段に良くなります。
作業中↓




ちなみに、このOrganizerですが、自動的にOCRをかけてくれますんで、あとで文字検索ができるようになります。




ちなみに、この入れ替えの作業も結構大変。
あとはGoogleドライブなどのクラウドに入れておけば読みたい時にアクセスできるようになり便利です



終わりに

マンガの自炊だけで丸3日間かかりました。
冗談抜きで大変でしたよ。。。

これが数冊程度なら片手間でできるんでしょうが。。。なかなか。

ちなみに、マンガ1冊なら30MB程度になりました

今回は白黒モードでやったので、グレースケールならもっと大きくなるはずです。
白黒の出来はこんな感じ↓ BASARA




人によってはグレースケールが濃淡がより出ていいという人もいますが、白黒モードは紙の色が白くなる・ファイルサイズが小さくなるなどのメリットがありますし、読むには十分だと思います。

なんといっても、自炊すると空きスペースができていいですよ。
断捨離ですね。では、この辺で