ウォーキング・デッド(シーズン1)の感想~途中からネタバレあり

Huluで海外ドラマにはまってます。
海外ドラマ「生存者たち(Survivors)」を2話で見るのをやめましたで書いたように、生存者たちはぼつ。

同じように人類の危機を描く、ウォーキング・デッドに挑戦。

ウォーキング・デッド

逃走犯との銃撃戦の末に銃弾を受け、昏睡状態から目覚めた保安官リック。
そこで彼が目にしたのは、ゾンビに蝕まれて廃墟と化した世界だった。
その後リックは、生存者たちを率いてアトランタの街でサバイバルを続けながら、
家族の行方を探すことになる…。



何が笑えるって、栗をむきながら見てたわけで、ウォーカー(ゾンビ)たちがウロウロしてハラハラしているのに、のほほんと栗をむくって相当シュールですよね。


以下、ネタバレありです






1.ハラハラありで面白い

主人公のニックは病院で目覚めたら周りはウォーカー(ゾンビ)だらけの世界に。
考えるだけで恐ろしい・・・。
やっぱり1話が一番怖かったかも。

にしても、シーズン1は6話というのは驚きでした。


ウォーカーたちと向き合うことは、生きることと向き合うことでもある。
自分がどうしてここにいるのか、いつ食べられるかもしれない恐怖と戦いながら今日を生きる。
みんな心が強い。
自分だったら、もう生きるのをあきらめているかもしれないって真剣に思う。

設定的にはバイオハザートの世界ですね。
感染する、身体が多少損壊しても向かってくる。

「生存者たち」では人間がばたばた死ぬだけでしたが、ゾンビがうようよし始めるのはよりいっそう怖い。
安心て外を歩けない。。。
この世界観はある意味、進撃の巨人にも似てますね。

そっちの世界も救いがないんですもん。

SFですが、十分楽しめますし、ハラハラする展開もあるし、シーズン2も見ます。
どうして世界はこうなってしまったのか、人類がどれだけ残されているのか、人類の希望はあるのか。
今後の謎解きに期待です。




2.ウォーカーって弱い気がするが・・・

主人公が目覚めた時には、もう人類は、、、というかあの一帯は? 壊滅的な打撃を受けていました。
博士の話では、感染が見つかってから半年だったかな。
どこからウォーカーが発生したのかわからないけど、こんな短時間にゾンビだらけになるのかが不思議・・・。

というのも、

ウォーカーって弱くない?


頭を撃てば一撃。。。
しかも、ふらふら・・・と動いているだけ。
夜は凶暴化するかもしれないけど、基本的に走るわけではないし、道具を使ったりするわけでもない。
単純にふらふら近づいて噛み付くだけ。

・・・


そんなウォーカーにやられた人類って弱すぎやしないか・・・


どの段階で世間が知ることになったかが大事ですね。
ニュース報道がなされたのか、どうか。
それがなしに、あっという間に拡散したのであれば・・・といっても無理ですよね。。。


ウォーカーは音に集まってくるので、その習性を利用しておびき寄せれば、一網打尽。
しかも、高いところに登っていれば登ってきそうもないですし、、、。
1話で戦車の中にゾンビがいましたが、戦車にどうやって入ってきたんだろうか。。。

完全武装した軍隊であれば、一気に駆逐できるだろうに。。。
疑問だ、疑問だらけだ。

あと、ウォーカー達は基本的に栄養が肉体にいかないはずなので、肉体はどんどんぼろぼろになるはず。
毎日ああやってウロウロ歩いていたら、つまづいたりして身体がどんどんぼろぼろになって、歩けなくなる思うんだが。

うーむ、不思議だ。。。
なんか、もう一歩のめり込めないところはこの辺にあるかも。
そう思いません??




3.CDCセンターがすごすぎる謎

ウォーカーの根本治療薬を開発しているであろうCDCセンターの設備がすごすぎ。。。
いやあーーあの人工知能もすごいし、腐敗臭がしただけで強制排除で爆発、電源が切れたら核爆発並みの自爆、ドアはロケットの発射にも耐えるって、、、どんだけ進んでるんだか。。。

進んでる割に太陽光パネルなくて終了


悲しすぎる。。。
そもそも、発電機が切れる云々といっているのに、シャワー使ったり、電気使ったり、、、ってそりゃきれるわ。。。
もうなんだか、この辺の詰めの甘さがいただけません。。。

主人公たちを楽させない設定でしょうけど、極端過ぎて・・・。

ジェンナー博士自身が生きることを諦めたのでそういうことになったのかもしれませんが。。。
ジェンナー博士もさ、あと1日しかエネルギーが持たないのに、最後まで研究をよく続けたよ。
それに、試験管を平気でこかすって、本人が言うように、「ただの人」だったですね。。。

このような無双なセンターがありながら、ウォーカーに負けるってね。
なんだかなーー。




4.ローリに幻滅・・・

主人公リックの妻がローリ。
サラ・ウェイン・キャリーズという俳優さんですが、、、リックの親友のシェーンと浮気。。。
しかも、その生活を満喫。。。

おいおい。。。

って、リックが死んでいる前提だから、浮気じゃないにしても。
リックが死亡(仮)し、逃亡生活し始めてからそんなに日が経ってないですよ。。。
なのに、ああやって楽しんでいるとはね。。。

そりゃあ、シェーンだって怒りますよ。。。裏切りだって。

何が幻滅かって?

この俳優は、あのプリズン・ブレイクのヒロインを演じていたのに、、、こんな・・・

ちょっと嘆きたくなりました。



5.今後に期待すること

どうしてウォーカーになったのかの経緯、ウォーカー対策はどうすればいいのか、人類に残された希望は・・・?

ウォーカーが雑魚ということに早く気づくこと(笑

というところです。

LOSTとは違って、複雑な設定というよりも、人間ドラマという気がしますので、そこに注目ですね。
(個人的には凝った設定で、謎が明らかになっていくのが好き)

展開が遅いという話もあり、もっとスリリングになるのも期待

シーズン2をガンガン見ていきますよ!


追伸。
ダリルって人気なんですかね?
フィギュア売ってますね

こちらの記事もおすすめ → 年末年始で観たいHuluおすすめ海外ドラマと断念したドラマ達(2014年12月版)