湯来の釣り堀(広島)でヤマメを満喫!

釣り堀なんて期待してなかったけど、すっごくよかったんですわ

有名な石ヶ谷峡(広島)に行ってきましたが・・・おすすめできないかな・・・?の帰り、ちょっと時間が余ったので、行きに「近くに釣り堀があるわ」と思ったので、行ってみました。

住所:広島県広島市佐伯区湯来町菅澤849−1






石ヶ谷峡が、正直がっかりがあったので、釣り堀には何の期待もしてなかったんです。
時間があるから行ってみるか程度のもので。

湯来つり堀(広島)




ただ、こっちはちゃんとした看板があって、ちゃんとした駐車場もあって、妙に嬉しかった。


こちらがヤマメの釣りポイント。
ここでは大きなニジマスも釣れます。

湯来つり堀(広島)


5月のことで値段まで覚えてないんですが、1竿とえさで500円だったかな。
2人なので、1竿で十分です。

湯来つり堀(広島)


ヤマメとニジマスで言えば、やっぱりヤマメ。
釣り堀の中を見てみると、いるいるーたくさんいますわ!

湯来つり堀(広島)



えさは匂いがちょっと気になりますが、もっと気になるのはぼろぼろだということ。
しっかりと針に固定して食いつくようにしないといけません。

適当にやると、投げた瞬間にエサが飛んでいきます。

湯来つり堀(広島)


一言で言うと、、、



入れ食いです


そう、入れ食い。



お前らは水槽の熱帯魚か!



って、いいたくなるほど、無防備にえさに集まってきて、


捕獲される。

湯来つり堀(広島)


釣り堀の料金の仕組みは、

・釣った魚は買い取り
・ヤマメとニジマスでグラム価格が決まっている
・持ち帰りか、調理してもらうかを選ぶ


というわけで、調理でしょう!
3匹で・・・1,000円くらいだったかな・・・これまた覚えてません。もう少ししたかも。
焼き、唐揚げ、刺身が選べた気がします。


まあ、何がすごいって、お店のおばちゃんが、

料理している間にボートでも乗るかい?


って、手漕ぎのボートに乗せてもらいました。(ライフジャケット着用で)
↓はストリートビューからですが、右側にボートが見えますよね



これが楽しいのなんの

自分たちで手で漕いで、ボートが進むだけで楽しいですよ。
釣り堀でこんなことができるなんて。
なんて自由なんだ。


すっかり上機嫌になって、ボートを降りたら、料理ができていました。

1匹を唐揚げに。

湯来つり堀(広島)


うまいっす。。。


やっぱり、ヤマメはうまい。
くせなんてまったくないし、この唐揚げのカリカリ感がたまりません。


残りの2匹は、定番の塩焼きに。

湯来つり堀(広島)


当然ながら、これまたうまい。
身は淡白なんですが、しまっていて純粋においしい。

自分たちで釣った魚をその場で食べるのはいいですねえー。
しかも、大自然の中。

たまらなく贅沢です。


「あーーもうちょっと釣っておけばよかった・・・」と呟きながら帰りました。




  1. 湯来の釣り堀(広島)でヤマメを満喫!
  2. 平田観光農園で果物狩り(ちょうど狩り)を満喫してきました :広島
  3. 三瀧寺(広島)は無料なのに、圧巻過ぎた・・・
  4. 宮島の弥山へ。消えずの火を拝みに(広島)
  5. 鷲羽山ハイランドで遊びまくってきました(岡山)