メガエッグのレンタルルーターを解約して無線LAN(Wi-Fi)接続する方法

ネットは、メガエッグのひかりマンションタイプを利用しています。
その契約内容について気にしなくて、調べてみました

メガエッグの料金内訳

専門家じゃないので、詳しくはないんですが、モデムとルーター・・・2つもいるの?

というか、ルーターのレンタル代がもったいない!

ってことに。気づき、結果として、

レンタルルーター無しで、無線LAN接続ができる

ということです。ただし、レンタルルーターを解約すると、ひかり電話は使えなくなるかもしれませんので、カスタマーサービスに確認が必要です。


1.我が家の状況

我が家がどういう接続状況にあるかというと、↓こんな感じです。



モデムなり、ルータなりは自前で用意すればランニングコストはずいぶん安く抑えられるわけです。
が、、、そもそもモデムとルーター2台いるの?

という疑問が。
ちなみに、無線LAN化するのに、以前はカードを使ってましたが、専用の端末の方が速くなるということでコレを使っています。


2.メガエッグに電話した

メガエッグのいいところは、フリーダイヤルを受け付けていることですね。
平日の昼間ということもあってか、すぐにつながりました。
聞いてみると、

レンタルルータは、光電話のサービスに必要

とのことで、解約可能。
そもそも、ネットだけなら、VDSLモデムにルーター機能付き無線LANアクセスポイントをさせばよいとのこと。

いや・・・知らんかった。。。固定電話ないし。
ずっと、、、無駄金を払っていました。。。
VDSLは代用が効かないので使用料は払わなければいけないようです。

また、スマートバリューはこの固定電話の契約が必要なようです



3.レンタルルーターなしで無線LANをする方法

要は、自前でルーター機能付き無線LAN親機を用意すればオッケーです。
うちで使っているものは、ブリッジ機能しかなくてだめでした。



試すには、モデム → レンタルルーター → 無線LAN親機の接続を

モデル → 無線LAN親機

とすればよいです。
これで無線が跳べば、それはルーター機能がついています。


1)ルーターを選ぶ

無線LANはバッファロー製を使うと決めているので、次のサイトで、家の状況に合わせた無線LAN親機を探します。
Wi-Fiルーター(無線LAN親機) | BUFFALO バッファロー

もちろん、ルーター機能がついているかは要チェックです。
で、うちの場合は、マンション3LDKに対応できるものにしました。
まあ、ぶっちゃけ価格と相談ですよ。


Amazonで4,800円程度です。
これなら1年で元が取れます。

えっ、壊れないかって??

今のレンタルルーター5年も使ってんだよ?

そうやすやす壊れるものではありませんよ。




2)接続方法

レンタルルーターは、ちゃんと自前のルーターが機能してから解約しましょう。
日割り計算してくれるようですから。

さて、商品が届いたら、説明書を読み、次のように接続をし直します。



そうすると、パソコンにはWi-Fi表示がされるはずです。



SSID/キーのカードを見て接続。
デュアルバンド方式なので、2つの規格の無線が飛びます。
だから、どちらかが切れても大丈夫だし、通信が安定します。



でも、認証ができていないため、ネットにはつながりません。

で、ネットブラウザで、 http://192.168.11.1/ にアクセス。


ルーターの設定をします



IDとパスワードは、説明書に書いてあるとおり、adminとpasswordがデフォルトのはず。

メガエッグとの認証ができていないので、使えない状況。




ので、メガエッグのユーザー名とパスワードを入力。
初期設定時に必要となる項目というやつです。
認証ID:*********@megaegg.ne.jp という感じで書いてあるはず。




DNSの指定もないので、あとはそのままOKを押す。
認証がスタートして、




無事に接続完了。これでネットが使えます。



3)倍速モードの設定

詳しくはないんですが、使用する電波を2つ使うことで倍速モード、つまり接続は速くなるので、設定しておきます。
トップ画面のところのサイドメニューにあります。




で、一番数字が大きいのを選べば倍速モードの設定です。



OKボタンを押せば、ルーターが再起動を始めて完了です。



4.接続前と後の速度の違い

無線LAN親機を変えたので、回線速度を次のサイトを使って計測しました。
BNR スピードテスト 回線速度/通信速度 測定

今回使用したのは上位機種に当たるので、速くなるはずです。

変更前



48M出てますね。100Mの回線ですからもう十分。


変更後




52Mに上昇。
1割増しというところ。
体感的にも少しだけ速くなりましたが、まあ、誤差の範囲かな。

USENでは、

変更前



変更後


こちらでも上昇ありです。

結局、上限が100Mの世界では、親機の性能も十分に生かせないので仕方ないですね。
ギガ王に対応すれば違いがくっきり出ると思うんですけどね。



終わりに

ということで、auスマートパスやひかり電話のサービスを利用しない人にとっては、レンタルルーターは必要ありません。
無線LAN親機の選び方によっては、ネットのさらなる高速化も狙えます。

メガエッグを利用している方は確認をしてみてください