書評:人間この信じやすきもの―迷信・誤信はどうして生まれるか(トーマス ギロビッチ)

「人間この信じやすきもの―迷信・誤信はどうして生まれるか(トーマス ギロビッチ)」




1.波に乗る現象はない

バスケットはどんどんシュートを打つスポーツ。
シュートが入ってくると「波に乗ってきた!」として、どんどん連続して入る気がする。
スラムダンクの中でもシューターの三井は、波にのると連続で3Pシュートが入るように描写されている。

波に乗ると連続でシュートが決まることは起きるのか?


科学的に調べてみると、そういう現象は起きないが結論。
そのデータを見せつけられても、人々は信じ続けるわけです。

著者はそういったことを以下のように説明しています。

ショットの成否が連続すると期待することになる。こうした先入観は、さらに、試合中の出来事についての解釈や記憶にも影響を与えやすい。
反対に、ショットが決まったり外れたりが交互に起こったことは気づかれにくく、記憶にも残らない

つまり、先入観で物事を見ており、その先入観に気づかず、自分の記憶を操作しているわけです。

にわかに信じがたいかもしれませんが、いわゆる思い込みなのです。
人から「それは思い込みだよ」と言われてもなかなか信じられない時があるようなものです
嫌いな人が何かやる度に、「だからあいつは問題を起こすんだ」「何か悪いことをしようとしている」と勝手に決めつけたりします。

また、シュートが入ったか入らなかったかを、◯✕で表現して、ランダムに並べたとして、

✕◯◯◯✕◯◯◯✕◯◯✕✕✕◯✕✕◯◯✕✕

このデータを見たら、どうしても、波に乗って連続に入る、もしくは波に乗れないときにはまったく入らない、という風に解釈をしてしまいます。


人間この信じやすきもの―迷信・誤信はどうして生まれるか(トーマス ギロビッチ)

2.どうしても解釈したくなる

次のデータは戦争中にドイツ軍がイギリスにロケットを打ち込んだ着弾点を示したものです。
これをどのように解釈しますか??





人間はとにかく意味を見つけたがる動物

と著者は言います。
ぼくも含め、多くの人は下のように4分割して、




左上と右下に多く見られるので、そこを狙ったに違いないと思うわけです。
ちなみに、このようにして統計の検定を行うと有意な差が出るそうです。



このデータを次のように4分割すると、




統計的な差が出ません。

データというのは、分割の仕方で結果が異なるわけで、気づかないうちに恣意的に使っていることもあります。
なお、このデータはランダムに点を打ったものだそうで、良い悪いはおいておいて、

人間はとにかく意味を見出そうする

この性質を意識しておく必要がありそうです。



3.信じたいと望むことを信じる

次の文章を読んでどう思いますか?

一般大衆の大半は、自分が平均以上に知能が高く、平均以上に公平であり、平均以下の偏見しか持たず、そして、平均以上に自動車の運転がうまいと思っている


実際はどうかはわかりませんが、けっこうあてはまっているなと思ってしまいます。
不思議ですよね・・・。
こうした現象はあらゆる領域で観察されるそうです。

人は信じたいと望むことを信じてしまう傾向があるわけです

そうして、現実とのギャップに苦しんだり・・・。
悲しい性ですね。。。




4.仮説に合致する情報だけを探す

次の問題を考えてみて欲しい。

机の上には、 A  B  2  3  と書かれた4枚のカードが置いてある。

「母音が書かれているカードはすべてその裏側には偶数が書かれている」
ということが正しいかどうかを、必要最小限のカードを裏返して確かめてもらいたい。
どのカードを裏返すべきでしょうか?










Aと2を裏がしてみる!


と言う人が多くいると思うが、実は不正解。
正解はAと3のカードを裏返す。


実は2の裏に何が書かれてあっても問題ないわけです。

これは、仮説に合致した証拠を探そうとする傾向があるために起きるわけです

探さないといけないのは、3を裏返す、つまり仮説を否定する情報である。
3の裏に母音が隠れていたら、仮説が否定されるわけですから。

こうして、人は自分の持つ仮説に有利な証拠しか探さなくなり、そのデータを恣意的に解釈しやすくなるのだそうです。



終わりに

データの解釈が良い悪いのではなくて、なんらかの意味を見出すべきである。
ただし、そのときには、「これは先入観で見ているのではないか」という視点を合わせて持ち、よりよく解釈しようとする癖が必要です。
また、人が必要以上にこだわり続けるときには、意図的な解釈が先行している場合も十分にあると考えるべきでしょう。

本書は科学的な調査を元に、人がいかに信じ込みやすいのかをあげてくれています。
その分、固く読みづらいと感じるかもしれませんが、なるほどなと思う箇所が多くあります。
あと、興味深かったのは、人はなぜ負けてもギャンブにハマるのか、超能力は信じるのはなぜか、といった項目。

気をつけて物事を観察したいですね