仕事は楽しいかね?~計画ではなく、試行錯誤する大切さ

「仕事は楽しいかね?」

ギクッとする質問ですね。
答えはYesでもあり、Noでもあり、比率で考えたら・・・
「仕事にそんな考えを持ち込むのがおかしい」なんて言う人もいるかもしれませんが

なんで仕事って面白く無いんですかねえ。

と、みんな思っているけど、それが解消されない謎は永遠につづくような・・・。

さて、話はそれましたが、「仕事は楽しいかね?(デイル ドーテン)」を読みました。
本書は成功のための戦略を教えてくれます。

著名な老人とあるビジネスマンの小説仕立ての話になっています。




1.目標を立てる意味なんてない

なんでもかんでも目標を立てることが始める。
本によっては、5年後の自分を、仕事、財産、家庭などといった項目にわけて具体的に書けという。
そして、そのために1年後、3か月後、1ヶ月と順々に範囲を絞って行き、「何をするべきか」を綿密にしていく。

人生をコントロール、管理するという考え方ですね。

とはいえ、この作業をしようと思ったけれど、全然うまくいかない。
5年後のことを書こうにも具体的になりもしない。


本書は、目標を立てることなんて意味がないと言います。
というのは、

人生は規則正しいものじゃなく、規則から外れたところでいろんな教訓を与えてくれる。
人生はそんな扱いやすいものじゃない。人生なんて思い通りにいかない。
人生は進化だ。そして進化の素晴らしいところは、最終的にどこに行き着くか、まったくわからないところなんだ

人生は直線的ではなく、紆余曲折、ぐねぐねと曲がっている。
小さい時に思い描いた将来の夢が、現実のものになっている人なんてほとんどいないはず。

そこには変化があるからです。

目標に関するきみの問題は、世の中は、きみの目標が達成されるまで、じーっと待っていたりしないということだよ


世の中の基本は変化、そのために変化を当たり前にしておかないと、硬直化した目標はすぐに使えなくなってしまうわけです。こんな状態では成功も出来ないのです。




2.偶然がつくり出す

偉大な発明たちは偶然が生み出した産物のようです。例えば・・・

コカ・コーラは、従業員が水で割ったシロップ状の頭痛薬を飲んでいたのを見て、ペンバートンが興味を惹かれて、炭酸水で割ったらどうだろうかというところから生まれました。
自分が上司だったら、仕事中に何遊んでいるのだと怒っていたかもしれません。


チョコチップクッキーは、刻んだチョコを溶かして生地に混ぜるつもりだったが、急いでいたのにで、刻んだチョコを入れて焼ければ、焼いている間に溶けるだろうと思って出来上がった。


リーバイス・ストラウスが金の鉱夫として儲けようと旅に出る時、ついでにいろんな商品を船に持ち込み、売り払って儲けた。
そのときに、売れ残ったのがテント用の汚い帆布。
それを売ろうとしたけど売れず、市場に品薄になっているのがズボンだと知って、帆布でズボンを作ったのが、リーバイスの発祥。


偉大な発明をしようとしたわけではなくて、ただ単に偶然に過ぎなかったわけです。
こうした成功は綿密な計画のもとの結果ではなく、偶然の産物であるということ。

ただし、気をつけなければいけないのは、

遊び感覚で色々やって、試行錯誤を繰り返した結果であるということ




3.成功することは右にならえをしないこと

多くの人が出世しよう、成功しよう、他人よりも上にいこうとして、

他人と同じような人間になることで達成しようとしている。

何かがうまくいけば、その真似をするのがまさに典型。
そして、そうした人たちが、その他多くの人と同じようになってしまう。

他人を凌ぎたいと思うなら、まず最初に超えるべき、だけど一番難しいステップは”並の人”をやめることだ

と著者は言います。そして、そのための2つのルールとして、

1.”適切な時期”とか”完璧な機会”なんてものはないということ
 →この場でただちに始める

2.イチかバチかのかけをしないなら、チャンスなど一つもない
 →ひたすらに試してみる。試してみることに失敗はない


もしも、完璧を追い求めて、完璧だと決めてしまったら、それはそれ以上よくならないわけです。
そうなると、追い抜かれるのを待つだけの存在になります。
だからこそ、変化を求め、やってみることが大事というわけです。

「人は変化は大嫌いだが、試してみることは大好きなんだ」




4.失敗を恐れない

もしも、全財産をかけてじゃんけんで、10倍のリターンがあるとしても、1回勝負なら、きっとそんなことはやらないだろう。
でも、1回のじゃんけんで、全財産の10分の1ずつかけて、そのかけた10倍のリターンがもらえるとしたら、おそらく勝負してもいいと思うのではないか。

ビジネスで失敗するのは、1回で全財産をかけたと思っているところであり、何度も挑戦する機会が与えられたら、いいリターンが得られる確率が高くなる。

言い換えるなら、どんどん変えることを意識すること。

いいかい、できることはどんどん変えてごらん。
みんなが、きみが変えていることに気がつくくらいになんでも変えるんだ。
好奇心を旺盛にすること。
実験好きな人だと評判になったら、みんなのほうからアイデアを持ってきてくれるようになるよ




5.試すことに喜びを見出す

では、成功するためにはどうしたらいいのか、老人の言葉は次のように締めくくっています。

アイデアをいっぱい持つこと。ありとあらゆることをやってみること。明日は今日とは違う自分になること。
そして、朝を待ち焦がれる、幸せなサムライの一人になってくれ


変化の日々の中にあって、成功は綿密な計画のもとではなくて、日々の偶然の中にあるということ。
そのためには、何か一つに固執する(計画を順守しようとやっきになる)ことではなく、あらゆることに向けておく。
だからこそ、コカコーラのような発見につながる。

そうして発見したことを試してみる習慣をつける。
その習慣が、新たな発見をもたらしてくれる。




終わりに

ちぐはぐな箇所はたくさんありますが、計画よりも日々の過ごし方、日々の心在り方を教えてくれて、「とにかくチャレンジする大切さ」を教えてくれます。
一番成長がないのは、頭でっかちになって動かくなること、そんなイメージがわきました。

このブログはある意味、そんな集まりかなと思っています。
どのようにしたらうまくいくか、それを試行錯誤を繰り返しながら、日々の発見を記事にしていっています。

うまくいくかはまだわかりませんが。