包丁買ったら劇的に切れて、画期的な包丁研ぎが世の中にはあった

包丁が切れない・・・

こんなものかなと思っていたんですが・・・よく考えたら、学生時代の一人暮らしから安物の三徳包丁を使ってきて、10年選手になってました。

それに研いでもないし、そりゃ切れんわな。
学生時代のアルバイト先の包丁はよく切れたよな・・・


ってことで、Amazonで購入。

包丁と包丁研ぎを買う


関虎徹の包丁!!

包丁は1回買うとそこそこ長いお付き合いになるので、Amazonで売れていそうな、つまりレビューの多くて、値段もそこそこの包丁を・・・

探していたら

関虎徹

って、出てきまして・・・

この強そうな名前、、、


同級生だったら友達になれないかも・・・


と妄想しつつ、

関虎徹 三徳包


4,000円少々でしたよ




持ってみたら・・・

関虎徹 三徳包


重っ


今まで使っていた包丁がおもちゃのようです。
といっても、すごく重たいわけじゃないですよ。

金属の配合が違うんですね。

関虎徹 三徳包


そして、肝心の切れ味ですが・・・

関虎徹 三徳包


めちゃくちゃ切れます!

スパスパですよ。

こんなに切れていいのかというくらい。



ヘンケルスの包丁研ぎ!

包丁研ぎはあるんですが、包丁とともに見ていたら、カテゴリーNo.1の包丁研ぎが目に入り、1,500円弱!?
安いじゃないか!

ってことで購入。

Henckels HI包丁研ぎ器 ヘンケルス


ヘンケルスは有名なのか、よく知りませんが、ドイツのメーカー。
ドイツと聞くだけでもう切れそうですよね。(← だまされやすい・・・)




変わった形状していますが、従来の水につけてから研ぐ方法じゃないんです。

Henckels HI包丁研ぎ器 ヘンケルス


何回か手前に引くだけ。

Henckels HI包丁研ぎ器 ヘンケルス


そんなんで、研げるわけじゃないだろ~。
いや、ドイツだからな・・・

とかなんとか。

で、引く。引く。

Henckels HI包丁研ぎ器 ヘンケルス 


引くと、その間にやすりか何かが入っていて、薄く削れる仕組みのようです。

拡大すると先端に削りぶしがつきました。そして、

Henckels HI包丁研ぎ器 ヘンケルス


切れ味、復活!!


いやー、、、嘘だろう・・・ってところですが、

包丁を研ぐってこういうことなんですよね。
そもそも、人生で初めて研ぎますし。

砥石のように両面磨く必要もなく、何度か引くだけですからメンテが簡単です。
長く使うものだからこそ、しっかりとやりたいな

と一時的に思うだけかもしれませんが、買って良かったです
次回 → モツ鍋が美味すぎた・・・!~クックパッドが教える人気No.1レシピ