人生を変えたいなら、まずは心の在り方を変えよう~あなたの人生をプラスの結果に導く マスターの教え

あなたはどこまで言葉の力を信じるだろうか?

このオーディオブックは、そんな言葉の力について教えてくれます。


「あなたの人生をプラスの結果に導く マスターの教え(オーディオブック)」

こんな本です

本書が世に出たいきさつは謎につつまれています。
1929年にカリフォルニアプレスという版元から出版されたのですが、
その版元はすでに存在せず、
作者についてもジョン・マクドナルドという名前以外は分かっていません。
こんな謎につつまれた本書ですが、出版から80年近くたった今でも再版され
読まれ続けているという一事をもってしても、その内容の素晴らしさがうかがえます。
Amazonのページより

マスターの教え(オーディオブック)

感想

1.言葉の力を信じるかどうか

言葉はパワー。
心の在り方がすべてを決める。

こういったことを聞いてどう思うでしょうか。

著者のジョン・マクドナルドという人がどういう人であったかよくわかっておらず、1929年あたりに出版されたということです。
世界大恐慌あたり。

その頃から、思いが実現するようなことが言われており、それが2014年現在になってもまだ残っているわけです。
潜在意識を科学的に証明したわけでもありませんし、信じる根拠はそうやってうまくいった人がいるということで、自分自身ではないのです。

うさん臭いの一言で片付けてもいいのですが、もう少しだけお付き合いをください。


マスターの教え(オーディオブック)

2.言葉で人が変わる

尊敬する人から「君の書いた文章はとても上手だ。どんどん書いた方がいいよ」と言われた人と、

「君の文章は下手くそすぎる。センスを疑う。二度と書いてはいけない」と言われた人。

その後、どのような日々を送るでしょうか。
きっと褒められた人は、文章を書くことがさらに好きになって文章を書くはずですし、けなされた人は「文章なんて、もういいや」って思っているかもしれません。

もっと言えば、「褒められて育てられた子ども」と「けなされて、無視されて育てられた子ども」には成長の仕方が大きく違います。

こう考えた時に、言葉には人を変える力があるって思いませんか。


マスターの教え(オーディオブック)

3.自分に言葉を向けてみる

では、他人からではなくて、自分から自分自身に言葉をかけることを考えてみましょう。
そうすると、同じような効果があるはずです。

自分とどんな話をしているか、つまりセルフトークの内容がどうであるかですが、

残念ながら、ネガティブなことばかりしゃべっているそうです

人は生きていると色々なことに目が奪われてしまいます。
そうして、いつの間にかネガティブなことばかりを集めてしまうようです。

だからこそ、自分への意識を集中して、自分にポジティブな言葉をかけてあげる。
それを習慣化したとしたら、自分自身はどう変わることができるでしょうか。



4.可能性を拓くのは普段やらないこと

いつもと違うパターンを取り入れることが変化のきっかけを生むというのをよく聞きます。
いつもとは違う道、店、考え方、メンバー。
といったように、変えることで新しい何が手に入ることも。

自分が今思っているのは、たしかにこの手の話は怪しい。

けれども、自分の人生でやって来たかと言われると、やったことはない。
やってみるときに来ているのかも


と。
今までの生き方通りでは、これまで通りの人生がずっと続いているようにしか思えないのです。
自分はよりよく、そして自由に人生を送っていきたい。

そう思えば、今までとは違う、普段やらないことを取り入れることがそのきっかけになるのではないかと。

そうして、このオーディオブックを何回も聞きました


マスターの教え(オーディオブック)

5.結果なんてすぐには出ない

「神様、たすけてー!!」
って言う時、その人は、普段から神様を信仰してもいない、その場限りの信者です。

そんな人を助けてくれるわけがない。。。
テストの時に「なんとかなる」って思っても、勉強してこなかったらなんとかなるわけがありません。

それと同じで、すぐにやったとしても結果はすぐに出ません。

とはいえ、オーディオブックを聴き始めてから、自分への言葉かけの仕方は変わりました。
ポジティブに声をかけ、理想的な心の在り方をイメージしています。

気持ちの持ちようが変わると、見え方も捉え方も変わるものです。
とはいえ、変化がすぐに出るわけではありません。

あくまでも、少しずつです。
その結果が、何年かしたらこのブログで報告できるかもしれません。
その時には、「ああ、本当だった。やってよかったよ」と思っている自分がいるはずです。


終わりに

こんなことを書いていると「このオーディオブックを買えってことか?」って思われてしまいそうですが、
そうではなくて、単純に学んだことをシェアして役に立ったらうれしいので書いています。
また、自分への確認や学びの定着にあります。

何冊も本を読むこともそうですが、肝心なことは自分の中へいろいろな言葉を染み込ませて、それが自然と脳から、心から、行動から出ることだと思います。
今回学んだ心の在り方もその一つになるはずです
次回 → やばい!voicepaperが神アプリすぎる!!これで読書メモが自動的にオーディオブックに