2週間以上も咳が止まらないので、百日咳を疑って病院に行ったら・・・

以前風邪をひいたということで記事を書きました
病院に行き、薬をもらうことで熱は数日で下がりました

しかしながら、発熱時からは咳が止まりません
咳喘息はあるので風邪をひくとその終盤には咳が止まらなくなります



今回、体調を崩したのを考えてみると、2週間くらいずっとの調子が悪くて、途中から咳が出ていました
そして発熱という形で、すごく長期間に渡っています

病院でもらった薬を飲んで熱は下がったものの、吸入の薬を毎日吸入しても一向に咳が収まりません
とはいっても、病院に行った時は咳がひどくて腹筋が痛くなるほどだったのですが、病院で薬をもらってからはほとんど咳が出なくなりました

でも、喉の調子は悪いし、話をしていると咳が出ているような状況です
大きく息を吸うと咳が出るし、肺や気管のあたりに何か重たいものがあるような違和感です
それがずっと1週間続いていて、回復の見込みもなく、仕事にも支障が出ている状況です(熱はないので、働くこと自体は辛くはないのですが)




病院に行ってから2週間経過してもそのままなので、「これは咳喘息ではないのではないか」と疑い始めました
ネットで調べてみると、百日咳という病気があって自分の症状に当てはまります
咳喘息とは治療方法が違います

もしかしたら、百日咳で、間違った治療方法のために、ずっと苦しんでいるのではないかと
その疑問を持って、再びお医者さんの元に行って、「百日咳ではないか」と相談しました

そうするとお医者さんは「そんなまれなケースばかり見ていてはいけない。大きな幹を見て治療しないといけないんだ。
これは季節性のアレルギーのようなものもあって、過敏症になっているから、治療期間は長くなる
今の治療を続けるしかない」




と言われて、それでも百日咳ではないかということが頭から離れなかったので、レントゲンと血液検査になりました
そうして調べてもらうと、なんと全く異変はありませんでした
百日咳でもなく、マイコプラズマ肺炎でもなく、正しく気管支の過敏症になっていたわけです

お医者さんが言うには、最初に受診した時に出した薬は百日咳にも効くようです
そもそもよく考えてみると、その先生の専門分野に呼吸器が入っていて、いろんな患者さんを見てきたんでしょう
それで言っているのですから、私がネットで調べたような生半可な知識の方が正しいわけないですよね

気管支の炎症と喘息、さらには春の花粉アレルギーがあるので、この辺がいろいろと作用してしまって長期に渡っているのでしょう
なんと、不思議なことに病院に行ったとはすぐに回復に向かいました
1週間後には喉の炎症はありましたが、咳が全く出なくなりました

先生の言うことは本当に正しかったんですね
にしても、病院に行くと毎回経過が良くなるんですが、これは顕著なプラシーボ効果ですかね




ネットの情報というのは、そもそも正しいかどうかはわかりませんね
最近は、お金稼ぎのために同じようなサイトを立ち上げるのが流行っていますし
本当に自分に当てはまるかどうかは、微妙なところがあり、だからこそお医者さんが診断をするんですよね

素人の方が正しいなんてことは全くないですね

それとともに、今回のような事にならないように、異変を察知したら吸入の薬を吸うとか、マスクをつけて喉や気管に負担をかけないようにするなど、発症する前の対策をきちんとしたいなと思います
今回は3週間くらい咳が出ていましたので、本当にしんどかったですね

みなさんもお気をつけください