初めての青色申告はやばい!2月末から始めると真っ青!MFクラウドでなんとかなった

毎年この時期になると憂うつなのが確定申告ですね
なんと、何と今年は初めて青色申告に挑戦です

そのせいで3月頭は大変でした・・・。汗・・涙・・



なぜ青色申告にするかというと、単純に税制の優遇が大きく、特に65万円の控除がつくのはとてもありがたいです
税務署の人に聞いてみると、事業所得があると青色申告が選べるそうで、所得額の最低基準などはないそうです

なぜ青色申告だと税制の優遇がつくのかというと、複式簿記によって、会計が明瞭になるからだそうで、税務署の方がチェックする時にも経営状況がパッとわかるようです
この複式簿記をつけたご褒美に、控除が大きくつくというわけですね

ちなみに私は毎年白色申告をしていて、帳簿付けなどにほぼ知識はありません
どうして、青色申告をしようと思ったかといえば、ネットのサービスを利用すると簡単に青色申告の複式簿記がつけられると言うことを、他のブログで読んだからです

今年はMFクラウドを利用して取り組んでみました


とは言うものの、銀行とクレジットカードの明細については、毎月きちんと自動取り込み行っていましたが、2月末まで何もせずに放置していました

「まあ、何とかなるだろう」という安易な気持ちです

これが大失敗でしたね

重い腰を上げてようやくやってみようかなと思ったら、何と



さっぱりわからない・・・



絶望的になったので、すぐに2冊をほど本を購入しました


複式簿記の難しいのは、「借方」「貸方」のような特殊な呼び方があり、クレジットカードで購入した場合には、購入した時とクレジットカードの支払った時の2回記帳しなければいけないのです

もうこの段階でさっぱりですよね

おまけに、零細な個人事業主をやっているので、事業用のカードや口座がなくプライベートとまざってしまっているのでパニックです
さらに、Amazonの買い物はギフト券購入をやっているので、ますますパニックです


本を読んで、借方と貸方のどちらに記入するのかのパターンをつけながら、領収証やネットの履歴を使いながら、、、かなり苦戦しました
その結果、貸借対照表などができ上がりました

が、見てもよくわからない・・・


なんて状況でして、とりあえずやることはやったし、自分で見た時に疑問は特にわかないような仕訳になっており、グレーな経費は時間的な余裕も考えてバッサリと切ったので、脱税らしいものしていないので、まあ、良いでしょう、という感じだと思います

1年目だからこんな感じになるんですよね
数日間見直してみて、それで提出してみようと思います

結論的には、ある程度本読んで、MFクラウドを利用したら何とかなるような感じがしました
この作業をギリギリにせずに、毎月ちょこちょこと行って、さらに1月中に取り組めば全然違った景色が見えると思います
今年の処理はそうしたいですね