38℃を超えると熱を冷ますだけで幸せを感じるカロナールの偉大さ

ずっと体調が軽く悪くて、土曜日に起きた段階で37℃くらい
この状態で1週間位続いていたので、これはいい加減にいかんと思って、病院へ
微熱、咳というあたりで、咳関連の薬と抗生物質をもらい、家に帰ってそこから一気に発熱して、38.3℃まで上がりました



これはインフルエンザなのか・・・思いましたが、病院で検査してもらっておらず、やってもらっていればよかったと軽く後悔したものの、ネットで見る限りインフルの症状とは違うので、風邪なんでしょう、きっと

昨日までは濃い痰が出ていたので、ネットで調べる限りは風邪の治りかけだったはずなのに、またぶり返す・・・
これは違う細菌やウイルスに感染したらしいとのこと
うーんですね

38℃の熱が出ると、「あー体が熱いな。熱がある」と実感できます
ただ、関節が痛いとか、体を動かせないほどのだるさ、食欲がない、といったことがなかったので、そこまで支障はありませんが、土曜日は1日ほとんど寝てました

1週間くらい咳が出ていたので、咳をする度に腹筋に激痛が・・・。
このレベルまでくると、「熱はどうでもいいから、とにかく咳を止めて欲しい・・・」としか思わなくなりますね
喘息の吸入の薬と、病院でもらった薬を併用することで、どんどん症状が収まりました



38℃くらいあると、考えがどんどん暗くなるし、寝ていると汗ばっかりかいてうなされます
どうしても買い出しに行かないといけなかったので、頓服の解熱剤のカロナールを飲みました
そうすると、驚くほど熱が下がって、体が楽になりましたし、何よりも思考が明るくなり、幸せを感じました

カロナール偉大ですね
このカロナールは副作用が少なくて、効果もあるのでかなり処方されますよね
風邪を引いた時、痛みがあるときにも使用できる感じらしいので、取っておいて風邪薬的に使用するのもありなようです

1日経ってだいぶ良くなったので、一安心です
本当に今年はよく風邪を引きます

今回のは風邪の初期症状がずっと続いた後の発熱だったので、かなり損した気分です
この風邪のひきはじめをどう過ごすのか、ここが今後の課題ですね
できたら、仕事を休む必要がないように管理して、あっという間に治したいところです

風邪のひきはじめをどうするか、ここを考えないといけなかったのかも
 → クラシエの漢方 かぜシリーズ | 風邪(かぜ)をひかない!そのためにかぜのメカニズムを知ろう | クラシエ

風邪のひきはじめは体温を高くすることが有効だそうで、葛根湯も有効??
どうかはわかりませんが、風邪のひきはじめの体温を上げることを、意識して次は取り組んでみます