Amazonで返品を申請して返金処理してもらえた。送料として500円バック

Amazonをよく使っていて、商品を購入する時にレビューをよく参考にしています
その時に「すぐに壊れたのに返品に対応してくれない」といった形で、不具合に対応してくれないAmazonのひどさが目立つ記述がたまに見られます
実際のところ、どうなんだろうと思っていて、自分にもそんな機会が巡ってきたので、返品の申請をしてみました



どうして返品になってしまったのかといえば、「Amazonのページの商品説明が違ったから」です
その機能を期待して購入したのに「ついてない」のです
よくよく説明文を読んでみると、微妙なラインの説明であり、明らかに誤解を与えるような表記です

そんなこともあって、自分が想定した機能がないので、その商品は使えないので返品を申請してみました
返品はAmazonの購入履歴から簡単に行えます
流れに従って処理をしていくと、返品用の伝票が出力されて、印刷して中に入れる&外に貼るようになっています

手間がそこまでかかりません
あとは送り返すだけなのですが、その時に注意があって、「自腹で送り返すこと」なんですね
着払いで送りつけると、商品代金から天引きされるそうです



ちなみに、返品のポイントは

Amazonが返品に応じてくれる保障はない

ということ
なぜなら、Amazonは商品の状態を確認できていないし、処理しているのはあくまでもシステムです
Amazonに送り返して、向こうでの判断になるようです

手元にあっても絶対に使わないので送り返しました
ちなみに、返品用の住所が印刷されますが、ヤマト運輸などを利用する場合は、業者専用の伝票を書く必要がありますので




そうして、送り返すとAmazonから受け取りましたのメールが届き、さらに「返品処理が完了しました」とメールが来ます
その内容を見てみると、「商品代金+500円」になっていました
つまり、送料は500円で見積もられているようです

残念ながら、送料は1,000円以上かかってしまったので、500円以上の赤字です
返品という性質上、負担が生じるのは仕方ないので、その部分に関してはなんとも思ってはいません
普通に驚いたのは、Amazonは返品に対応してくれたということです

実際にネットで調べてみると、返品対応してくれたという記事は多いですし、着払いで送り返したらその費用も持ってくれたという話はありました
返品を悪用するのはいけませんが、Amazonで返品対応してくれないというのは、ないのかなと