冷蔵庫は瞬冷凍(切れちゃう冷凍)で使い方がまるっきり変わる!

冷蔵庫を買い替えて、生活がガラッと変わったと言えばおおげさですが、お金をかけた価値があったと思います
 → 24万円かけて冷蔵庫を三菱に買い替えた理由。とりあえず、来ました
 → 三菱の冷蔵庫「朝どれ野菜室」がやばい!保存期間伸びるし、野菜が美味しくなる!

その中でも大きいのが「瞬冷凍(切れちゃう冷凍)」の存在ではないかと思います



1.冷凍庫の前に使う

冷蔵庫の使い方って、「あ、使い切れない、食べきれないから冷凍庫」じゃないですか
当たり前なんですが、三菱の冷蔵庫を買うと「瞬冷凍しよう」になります
冷凍庫はさらに次の段階って感じです

どういうことかというと、瞬冷凍は特殊な冷凍になって、キュッと冷凍させて中の水分を膨張させないので、新鮮なまま冷凍することが可能です
普通の冷凍庫だとゆっくり冷凍するので、どうして水が膨張してしまって食べ物の細胞を壊してしまい、味が落ちる原因を作っているんですね
ですので、今までのように 冷蔵 → 冷凍 をすると「味が落ちる」わけです

それを冷蔵 → 瞬冷凍 とするので、味があまり落ちないことになります


2.切れちゃうのが便利過ぎる!

この瞬冷凍のポイントはそのまま切れること
冷蔵して「賞味期限が近いから冷凍しよう」で瞬冷凍することで、鮮度をほとんど落とさずに、しかも、そのまま切れるから、そのまま使える
つまり、保存期限が冷蔵期間 + 瞬冷凍(1ヶ月)と食材が使える期間が延びていきます

瞬冷凍したエリンギ
きのこ類はそのまま瞬冷凍いけます



そのまま切れる!!



といっても、表面の氷の張り方によっては苦戦するので要注意
しいたけとかすぐに痛むので、瞬冷凍はすごく使えます

3.お弁当作りも重宝

瞬冷凍で便利なのはお弁当の食材です
鮭をたくさん焼いておいた時に冷凍焼けを起こしてしまいますが、瞬冷凍でそれを最低限に抑えます
しかも、切れるわけですから、そのまま箸でゴリッと1個ずつ取れるので、個包装する必要もなくて便利です



この要領で、きんぴらを作ったりした時にカップに個別に盛り付けて瞬冷凍しておけば、そのまま使えるんですから!!

4.新感覚のデザート

冷蔵庫の取扱説明書でおすすめしてあるのは、ゼリーや果物をそのまま瞬冷凍して新食感のデザートとして食べるやり方です
瞬冷凍は-7℃で保存されるので、冷凍庫の-20℃とは違って柔らかめになるんですね
ゼリーを入れると



こんな感じでシャーベットになるという寸法です
切れちゃう冷凍だからこそ、そのままスプーンでほじれます



ただしナタデココは異常に固くなるので要注意です

5.熱いものもそのままOK

ご飯を冷凍する時に、美味しさを保存するために瞬冷凍してそのまま入れたい、、、けど庫内の温度が・・・と思いますが、なんと「熱いまま瞬冷凍」がついているので、80℃までなら大丈夫なようです
この機能を使うことで、水分が抜けるまで冷ましたご飯を冷凍するのではなくて、ほかほかのまま瞬冷凍でふっくらと冷凍ご飯がいただけます

まとめ

この瞬冷凍は冷蔵と冷凍を繋ぐ場所であり、冷蔵の延長のような感覚です
瞬冷凍する時には、その度に起動しないといけないのは手間ですが、とてつもなく使い勝手がいいです
この瞬冷凍のお陰で、冷凍庫を使う頻度が下がりましたし、食材のロスが減り、冷凍庫に食品が溜まることを防いでくれています

瞬冷凍は1ヶ月間の保存期間があるので、使い切れない、食べ切れなければここに入れて、すぐに消費するようにすると計画的に食材コントロールもできると思います
あるかないかで大きく差が出る機能であると思います