三菱の冷蔵庫「朝どれ野菜室」がやばい!保存期間伸びるし、野菜が美味しくなる!

24万円かけて冷蔵庫を三菱に買い替えた理由。とりあえず、来ましたということで、新しい三菱電機の冷蔵庫を使い始めています
以前の冷蔵庫が9万弱だったことを考えると、大幅な価格アップですが、使ってみると納得なんです

この冷蔵庫はすごい!!



今回紹介するのは、野菜室。
三菱の冷蔵庫の売りは「朝どれ野菜室」ということで、ライバルメーカーが野菜をスリープさせる中で、三菱電機はLEDをあてて光合成をさせて元気にさせると真逆を行っています
参考 → 三菱電機 冷蔵庫:クリーン朝どれ野菜室
ちなみに、LEDに関しては常時点灯ではなくて、1日の太陽光に合わせて点灯時間と点灯する色が変わります(夜は完全消灯です)

「そんなに効果あるのかな?」と思って使い始めたのですが、効果てきめんですね
野菜室は手前、上段、下段があって、上段と下段がLEDの範囲です
↓ 上段


↓下段




容量はほとんど前の冷蔵庫と変わりませんが、上段の深さがあるので格段に入りやすくなっています
下段の白菜はなんと2週間たっています
いい加減にラップしかしていないのに、しおれることなく健在です

しいたけは4日ぐらい経っていますが、以前の冷蔵庫だとすぐにしおれていましたが、そんな兆候もなく元気です
湿度の管理がうまくされているのも大きな要因なのかなと思っています

ビニール袋にいつも入れて収納していたので、それをいい加減にしても、4日間経ったチンゲンサイもこの通り元気です



何より驚くのが、野菜の味が良くなったんです
野菜独特の甘みが出るようになったと感じます
もちろんのことを、プラシーボ効果だと思いますが、いつものスーパーで買ういつものにんじんが、野菜炒めに入れるとを何故か妙に甘かったです
チンゲンサイも甘みが出ていて、美味しかったんですね

プラシーボ効果だとは思いますが、野菜室に入れた野菜がとても元気で、しかも甘みが増しているように思います
朝どれ野菜と表現するように、妙に新鮮さを感じます
これがLEDによる光合成をさせる効果なのかなと思いました

塩ダレキャベツをよく作りますが、キャベツの鮮度が良くて、火を通さなくでも十分美味しく食べることができます



どこまでが確定的かわかりませんが、冷蔵庫を買い換えてから、野菜がはるかに美味しくなりました
三菱のデータでは、野菜を3日間入れておくとビタミンが3割増になったと宣伝しており、それなりの研究データに基づいたものだと思います

野菜というのは、購入して野菜室に入れていればどんどん味が落ちてしまうものという思いがありましたが、三菱の冷蔵庫は逆に美味しくなるという不思議な現象が起こっています
プラシーボ効果か、それともきちんとCMで歌うことができる効果のおかげか、わかりませんが、今まで何種類か冷蔵庫を買い換えてきましたが、こんなことは初めてですね

今まではただ冷やすだけの装置だったのが、食材を生かす装置になったように感じます
冷蔵庫は高いだけあって、十分に元が取れるような気がします