ツイッターやめました。書く意味が全くありませんが

タイトルの通りツイッターをやめました
とはいっても、ツイッターはブログの更新通知を送るだけのアカウントでした
Fudousan Tweet old postというプラグインを使って、過去記事をツイッターに定期的にアップしていました

という普通に宣伝用の使い方しかしていなかったので、やめても何の影響もありません
けど、やめました



実生活においてSNSを使うことはありません
メールで事足りますし、誰かと何か繋がっていないといけないという不安もありません

そもそも、他人のつぶやきなんか見て楽しいのかな?
これが1番の疑問で、かなり毎にツイッターを始めたこともありましたし、熱心にやろうと思ったこともありました
最初から持っていた疑問は何年経っても変わりませんでした


他人のつぶやきなんて面白くもなんともないし、ただの時間の無駄


としか思えなかったですね
ここに一生懸命、時間を費やしてリア充になりたいなんて思えないし、フォロワー数が増えてもそれは結局、ただ単にツイッターに使う時間を増やすことで増やしているだけで、どんどんツイッターなどにかかりっきりになるという意味でしょう




困ったらツイッターで教えてもらえばいいと考えている人もいるようですが、普通にネットで検索すればわかると思いますし、困ったことなんてありません
それよりもむしろ、ツイッターで何か調べようと思うなら、自分も誰かに何かをしないといけないし、その繋がりを維持する時間も必要で、この労力が無駄にしか思いませんでした

こうした繋がりや誰かに貢献することをSNS上でやることで、それを生きがいにしている人もいると思います
フォロワー数を自分の自信に変えている人もいると思います
それはそれで目的がはっきりしているから私は正しい使い方だと思います

自分には合わなかったというだけですね
そもそも私自身、他人にあまり興味がないんでしょうね
自分はブログを書いて誰かに見てもらっているという立場でありながら、ほぼほぼ誰のブログも読んでいません

自分に価値があるなと思うブログについてはRSS登録して読むようにしていますが、そんなブログはほぼほぼないです
人気ブログが悪いとかいうわけではなくて、今の私の需要に合わないと言うだけの話です




そんなこんなでツイッターを削除して、ブログのツイッターなどのシェアボタンも非表示としました
何年もブログをやっていると、SNSが自分に合っているかとか、どのくらいの流入をもたらしてくれるかというのがわかってきます
私のSNS力はとんでもなく低いので、ここからブログに還元されるメリット全くありません

SNSで努力をしていないのに、SNSから流入をねらうなんておかしい話なんですね
それよりもシェアボタンに0をただただ表示するのに何の意味もないし、ネガティブな感情に繋がりそうです
RSS登録できるFeedlyは登録数があるのですが、Feedlyのシステムのエラーなのか登録数が表示されず0が続くので、それ自体も意味が見出せません

そんな感じで、SNSに力を全く切れていないので、SNSとブログをつなげようなんて考えること自体間違っていたようにも思えます
メリットはないから捨てるというわけです



そんなんだったらいちいち捨てる必要もないとは思うと思いますが、捨てるというのは思う以上に自分の身を軽くしてくれるもの
そうやって人は何でもかんでもしがらみを持ちたがりますし、捨てられずに実は苦しんでいるということも多いのではないでしょうか

意味がないなら捨てればいいし、必要になれば復活させればいい

いい加減かもしれませんが、そうやって身の回りを取捨選択していかないと、家の中が片付かないとか、自分の思考がすっきりしないとかあるのではないかなと思います

ということで、おそらくほぼ見られていないツイッターですが、それでも見ている方がいたらと思ったので、意味はないと思いますがやめたという記事をアップさせてもらいました




  1. クレーマーってこんな人だよ 10の特徴
  2. 自称「自分はすごい」人間の痛い10の特徴~あなたはなっていませんか?
  3. すき家には電話がない。クレームの電話もできない不思議な所
  4. ローソンのマチカフェはようやくセルフ式を導入~待ちカフェから解放か
  5. 今はアリナミンRオフのある生活に落ち着いています