こんな時代だから言いたいことをSNSで手軽に言ってはいけない

ツイッターで何気に発言したことが炎上する
こんなことが日常茶飯事になっていますね
そんなことで炎上しなくてもいいし、炎上させる側がそれを楽しんでいる風潮があります

なんだかなと思う日々です



正直なところ、今の日本は生きづらくなりましたね
日本人は出る杭は打つ、なんてことを昔から言われていて、だからこそ、それを克服しようといろんなところが、頑張っていたんじゃないかなと思うけど、結局SNS上でやっているのは、出る杭を叩く行為なんですよね

「◯◯と言うのはおかしい」という理想論的な考えが炎上行為に発展させています
だから、何が炎上するのかがわからないし、様子を見ながら書き込まないといけません
理想論を追求するから、現実問題として矛盾することはとても多くて、現実的行動をすると叩き始める

炎上させる側は理想論や正論をかざして、自分たちが正しいと信じているからよりたちが悪いですね
そして、そんなことが当たり前になっているから余計にたちが悪い
都合のいいことしか報道しないマスコミ、あら探ししかしない週刊誌、そんなこともこの時代の閉塞感に拍車をかけていると思います




最近、問題を起こしたYoutuberのヒカルさん一派については、めちゃくちゃに炎上していますしね
彼らがやっていることは、「言いたいことを言いまくって目立つこと」だけなんですよね
実態が伴っているかどうかは関係なくて、ただただ目立つこと

「目立てばお金が入る」から「好き勝手言って目立てばいい」となり、「人を煽る行為」を助長させてしまいました
人気ユーチューバーがそんなことをするから、それを真似る人もいるし、炎上させる人もいるし、もうぐちゃぐちゃに。


SNSで手軽に情報発信できちゃうからこそ、気をつけないといけない、当たり前なことなんだけど、それをもう一度改めて確認しないといけないと思います
というのは、人はかまってほしい欲求を持っていて、SNSはそれを簡単に満たせるからです
SNSに何かをあげることで、「目立つ」「自慢する」「承認される」わけで、手軽でありついついやってしまいます


ただ大きな落とし穴があって、こうした行為は日常生活ではおそらくやらないのです
やるとバッシングを受けてしまうからです
SNSなら許されるだろうという風潮が蔓延していて、そのギャップで炎上が起きているわけですね

つまり、SNSはもはや架空の空間ではなくて、完全にリアル世界の延長になっているということですね
リアル世界で言ってはいけないことややってはいけないことは、SNS上でやってはいけないのです

当たり前なんですけどね




それをSNSでは気軽にできるから、「やってもいい」と認識してしまうんです
この危うい感覚をみんなが持っているから、こんな社会になっているんでしょう

炎上させる側も普段の生活で何らかの抑圧を受けていて、その発散のために炎上させているんだと思います
自分がばれないだろうとか、自分が特定されないだろうとか、みんながいるから大丈夫だろう、という感覚で、平気で人権侵害をしてしまうわけです


言い方を変えるなら、SNS上で炎上が起きている現状は、情報リテラシーが不足していると
何をやってよくて、何がやってはいけないのかをSNSを主体に考えてみる必要があります

今も本当にそうであるかわかりませんが、田舎では情報が筒抜けになっているそうで、変なことができないと言われていますよね
SNS上も結局は同じような、村のようなことが起きているんでしょう
ちょっと前までであれば、みんながここまでSNSを使っていなかったので、ある程度の暴言などは許されたところはあったかもしれませんが、SNSまで日本人の村意識がおよんでいるというような感じですね

以前の感覚で言えば、日常生活で言えないストレスはSNSで発散というのが、もう許されないということです

SNSはリアル世界の延長だから、みんなが見ているということを意識するべきです
ここで目立ちたいとかかまってもらいたいとか、そういった欲求を持ち込むと痛いことになるのかなと思います




SNSが発展するということはこういうことなんでしょうね
SNSを使うことで自分のリアル世界が広がってしまい、余計に束縛してしまうので、SNSを友人に教えない、匿名でやるといったことが必要になるでしょう

今の若い方々は、SNSをどちらかといえば「かまって欲しいツール」「認められたいツール」として使っているので、余計に苦しくなってしまうのです
SNSで満たされようと思うからこそおかしくなるのです
結局のところは、日常生活で満たされないとどうしようもないのですし、目立とうというのは今の日本では叩かれる要素でもあり、叩かれるための材料を投げているようなものです


だから、SNSをやらないというのは一つの方法なのではないかなと思います
私自身、ブログの更新をツイッターで自動的に流している以外は、SNSを全く利用していません
使い始めて早々に、リアルな日常の延長であり、面倒くさいなということがわかったので、使うのをやめました

SNSでかまって欲しいと言うことは、誰かのことをかまわないといけないということで、面倒くさいんですよね
日常生活でも誰かを構わないといけないのに、自分のプライベートな時間でもよくわからない人のことをかまうなんて馬鹿みたいです

SNS疲れというのは、結局は家にいても誰かとの社会生活を続けているようなものなので、疲れるんでしょう
家にいるからこそ、SNSから離れることで、世間の誰からも離れる時間ができると考える方はいいのではないかな

SNSは手軽だから何でも言っていいわけではないということと、手軽だから誰もが見ているということ、そして手軽だから誰でも発言できるということを、改めて意識したほうがいいと思いますね
だからこそ、私はSNSは無難に使う方が吉と思いますし、あえて距離を置く方がいいと思いますね