時間の使い方を変えると人生が変わる。当たり前だけど実感する話

すごくすごく当たり前の話なのですが、いまさらに時間の使い方が人生の幸福度を決めていくのだなと実感します

この夏はなんと家の片付けが奇跡的に進むというミラクルが起きて、今とても快適な状態になりました
片付けをしないといけないとは思っていましたが、それがなかなか進まずでした
片付けなどは一人暮らしなら自分が思い立てばそれで実行できますが、2人暮らしになるとお互いのタイミングが合わないと難しいのがありますね



この片付けのコツと言うと変ですが、結局、自分が自由に仕える時間をどこに振り分けるかの問題なんですね
自由に仕える時間を、いつも働いているから自分の好き勝手使うというやり方もありです
家が片づいたのは、自分の時間の一部を家に向けたというところが大きかったわけです

家が片づき、整理して、ごみ箱なども整えるとますます快適になりましたし、そのおかげで幸せ度も増えたように思います
その片付けの時間を自分勝手に仕える時間にしていたら、きっとこんなふうにはなってなかったと思います


自分の時間の使い方を振り返ってみると、複数のブログがありそれにかける時間がとても多くて、他のものを犠牲にしていたように思います
それはそれで自分の時間だからと言えばそれで済むのですが、そこに使った時間と他に使ったとしたらどうであったかを考えると、ブログをよかったといえるかどうかというのは微妙なところです



自分が時間をかけているブログを閉鎖しました
そのことによっていろんな喪失感などがあるかなと思ったのですが、そんなに何もなかったというのが実情です
むしろ自由に仕える時間が増えたので、それはそれでよかったのかなと思います

時間というのはどうやっても足りないものと思います
足りないからこそ、何に使うのかは慎重に考えないといけないし、だからといって自分の好きなことばっかりに時間を割いてもいけないですしね
この夏は忙しかったので、ブログの更新が毎日ではなくて2日に1回になった日々がありましたが、それはそれでいいのかなっと今では思います


来年度は自分の生活が激変するので、それに向けていろいろと調整をしないといけないところです
この辺を整理してみると、ブログの活動は本当にある程度絞ってしまっても全然問題ないし、その時間で他のことや家のことに従事する方が、自分の人生にプラスになるのかなと思ったりもします

時間の使い方に関しては、何が自分の幸せになるのかというのを考えてみるのもすごく大事なテーマのように思います
今後どのようにしていくかわかりませんが、今年度はいろんなものを取捨選択するようになりそうです
変化というのは嫌なものですが、それはそれで新しい可能性が見えてくるので楽しもうと思います