ユーチューバー・ヒカルさんのVALU騒動についての雑感

YouTubeはほとんど使うことはありませんので、何の動画が流行っているのとは全く知りませんでした
Yahoo!ニュースでヒカルさんのVALU騒動知ったレベルですね

何が何やらよくわからないので、いろいろと調べてみました
今回はそんな感想です



まず騒動とは関係ない部分のヒカルさんの動画を見てみたのですが、普通にいいのではないかと思いました

動画では妙にお金を使って視聴者にプレゼントをしたり、お金を使って検証という形を取っており、そのやり方に賛否はあるかもしれませんが、そもそもテレビというのはある種の一般人ができないようなことをやるところに意義があったように思います
ですので、ヒカルさんの動画のようなやり方は一つのやり方としてありであることを考えます

ただ、自分たちがお金を稼いでいるアピールはすごく強くて、その煽りによってPVなどを稼いでる戦略なのだのとは思います
この稼ぐという行為は、視聴者には全く損をさせないと言うかは、視聴者がお金を出しているわけではなくて、YouTubeのスポンサーがお金を出しているので、お金を出してくれる人がいる間は、それはそれで問題ないのかなと思います

ですから、視聴者がお金を稼ぎ方について何か言うのはおかしい判断でしょう
そもそも、ヒカルさんのようにお金を稼いでいる人間が悪いという風潮自体がおかしいですね
今の日本って、何かあればツイッターで騒げば何とかなるというか、気にいらない相手をターゲットにして叩くような文化がありますよね

その煽りを受けて、特にテレビに露出するような人は無難なことしかできなくなっていますし、一度火がついたらおしまいという形になっていますね
こうしたは叩き行為が横行しているからこそ、ヒカルさんのような稼いでいる方を叩くのでしょうね
ここには良い悪いとかではなくて、ただ単に暇つぶしがしたいとか、何となく騒ぎたいというだけのことなのかなと思います

ですので、ヒカルさんのやっていることは、自分からしたら「すごいね」と思うのと同時に「どうでもいいわ」なんですよね
他人のことなんてどうでもよくて、要するに自分がどうやって行きていくかが大事なわけで、他人の生き方にケチつけても仕方ないんですよ
年をとってきたせいか、そんな考え方ができる良いなったというか、騒ぎを見ているとみんな若いなと思います




VALUの一件については、まずいとしか言いようがないですね
本人がストップ高のところを見事に売り抜けたというのは、詐欺と言われても仕方ないし、それは全く誠意のないやり方です

ただ、そもそも論を言ってしまえば、VALUなんて怪しい仕組みに「チャンスだ」なんて思って投資をする人は発想が危険すぎるだけですね
だからこそ、投資をする人がシステム的な損をしないようにいように株式市場があるわけですよね
怪しい場所にチャンスを見い出すほどリスキーなことはないということです


また、自分がよく知らないYoutuberにお金をかけること自体間違っています
会社などであればコンプライアンスや各種の法令である程度の規制を受けています
それは個人になってしまえば、そんなしがらみもなく好き勝手にできるわけです

有名だからとか、稼いでいるからとか、毎日見ているからということが信頼の定義になると危険なのかなと思います
ヒカルさん自身「数千万円の儲けなんていらない」なんてこと言っていますが、絶対にいるに決まってるでしょう
おそらくですが、自分が売り抜けてもバレないと思ったのじゃないかなと思います

年収は5億と言っていますが、莫大な経費がかかっていると思いますので、実態としてはそんなにないのではないかと思います
Youtubeでお金を稼ぐために、お金もちアピールをして、お金を散在する形でPVを稼ぎ、それで儲けようとしているわけですから、自転車操業とは言いませんが、そんなに安定した収益ではないのかなと思ったりもします
ですから、たった数千万円なんてことはないでしょうね





たった数千万円であれば、熊本に送った義援金は500万円ではなくて5000万円にすればよかったですね
芸能人もそうだと思いますが、テレビの前でのイメージと、実態というのは結構かけ離れている部分はあるはずです
あの人たちはよく見せるのが仕事です

ユーチューバーも同様で動画を撮る時には、ある程度のキャラ設定をしているはずです
ヒカルさんがテレビに出て語っている動画を見ましたが、その中でヒカルさんは「YouTubeはビジネスで始めた」と言っています
ですから、Youtubeでどんなキャラを演じているかも計算しているはずです

今回のVALUの件については、VALU側からの依頼でしょうが、ヒカルさんの方は高値で売り抜ければ儲けることができるのではないかというもくろみもあったのではないかなと思います
たった数千万円のわけがないでしょうね

という形なので、

ユーチューバーの本質は動画の中にあるわけではなくて、何のために動画を撮っているのかをきちんとを考えないといけないですよね
その辺のことを冷静に距離をとって見れたら、今回の被害者になることはなかったのかなと思います

YouTubeの動画とは別に、高値で売り抜けた側はやはり悪意があったと言われても仕方ないですし、欲に目がくらんだと思います
たったそれだけのことだと思いますね
その証拠ではないですが、この一連の騒動に関して「常に正直者」というような印象で売っていたヒカルさんは何の動画もアップしていませんよね

この動画をアップしないのが、彼の本質の一部を表しているのではないかなと思います
誠意のある方だとしたら、違った対応をしているように思います
あくまでも個人がやっているというノリなので、今回のような件はどうしても起きてしまうでしょうね


それとYoutubeでお金を稼ぐことに関しては批判するべきことではないでしょう
この辺の区別をつけないと、とにかく気に入らないから叩けばいいみたいな正論が通ってしまうようになって危険だなと思います
こうやってユーチューバーがお金を稼いでいるから、それに憧れている若い世代がたくさんいますが、


これが本当に一生続くのか


を考えたほうがいいですよね
ユーチューバーの世界も芸能界のようなものなのかなと思います
芸能界は入れ替わりが本当に激しいですよね

その中でどうやって残っていくかが本人の実力になってくるんだと思います
ヒカルさんのやってる事は、お金煽りですから、それがどのタイミングで飽きられるか、資金繰りが怪しくなるか、スポンサーが降りていくかなどのリスクはありますよね

人の感情を煽るというやり方は、短期的な効果は高いと思いますが、それが長期化に渡るかどうかは微妙かなと
その意味では、芸能人というのは叩かれるから品性よくやっているところがありますが、とても感じが良くて、だからこそ長続きしている部分があるのではないかなと思います


それと、お金を稼ぐためにお金で煽っているわけですが、ただ1人の個人としてのやり方であれば問題はそんなに起きないでしょうが、お金を稼げば稼ぐほどを関係者が増えていくし、見てくれる人も増えるし、アンチも増えるし、といった形でどんどんしがらみが増えてきます
人の感情を煽っているからこそ、関係者が増えれば増えるほど暴動のような形になって、どこかで突き落とされてしまうのかのという危険もより高いと考えています

VALUの件は完全なNGですが、ユーチューバーとしてのやり方はありだと思います
ただ、その各個人がどこまでいけるのか、どこがピークであるのかというところを興味深く推移みていきたいなと思います
騒がれるあたりがだいたいピークであることが多いように思うので、今後、これ以上伸びていきたら本当の実力者ですね


ただ、今後伸びていくとしたら、ボクシングの亀田選手が叩かれたように、有名になればなるほど倫理観などを要求されるのが日本ですから、本人達のやり方もどこかで変えないといけないでしょうね

YouTubeの内容は全く興味はないですが、そうやってその個人がどうなっていくかというのはちょっとだけ興味があるそんな感じですね
新しい分野だからこそ確かにチャンスはあるかもしれませんが、その分だけシステムや環境、法令などができていないので思わぬリスキーな部分があるのではないかなと考えています

今後どうなっていくでしょうか