またPopular Posts を復活させた理由。そして、その対策

サーバーをエックスサーバーからMixHostに移して、紆余曲折ありました。
データの大量移転もあって、制限がかけられてからは鬼のように厳しい状況が続きましたね。

あの時の奮闘でいろいろと変えました。
 → エックスサーバーからMixHostに移転をします~MixHost奮闘1

そのときに廃止したプラグインが、WordPress Popular Postsでしたが、この度、復活させました。



やっていることが二転三転しているやんけって言われそうですが。
安定した状況を作り出したあとは、よりよくするために試行錯誤で、さらによい安定な状況を作るというのが大事だと思います。

Popular PostsはPV記録のためにデーターベースに何度もアクセスするのでそれが大きな負荷になってしまいます。
しかしながら、PVを簡単に表示できる機能はまさに神ですね

Jetpackでデーターベースに負荷をかけないようにPVを取得していたのですが、これでは表示に異様に時間がかかるというデメリットがあります。
Google Analyticsのデーターを転用するのが一番ですが、扱いが難しすぎて費用対効果がだめです。。。

という形で、PVがないと「どういう記事がいいかわからない」というブログの方向性が見えないんですよね。
書きっぱなしよりも、ある程度簡単な形でなんらかのフィードバックがある方が励みになるわけで、簡単にPVを確認できるのが一番です。
使用しているテーマ「Simplicity」はPopular Postsを導入しているとPV表示機能がついています




サーバーも安定しているので、Popular Postsを復活させてみました。



1週間のCPU負荷ですが、、、、導入してもほぼ変化がないレベル・・・。
これには驚きましたね・・・。

関係ないじゃん・・・。

要因としては、PHP7の導入(PHP7に移行できました!プラグインでチェックすればよかったのか!!原因はbrBrbr)とAutoptimizeなど表示速度を最適化するためやったことが有効だったのかなと思います。
簡単なことでしたね。

Popular Postsを使うメリットとしては、PVの一覧や記事ごとに確認できる、PVランキングが簡単につくれるといった部分もあります。
サーバーの負荷さえクリアできれば使いたいプラグインなんですよね。

ということで、これでしばらく様子を見てやっていきたいと思います。
Popular Postsはやはり快適です!!