スペアリブを圧力IH鍋で煮るとトロトロになった!

圧力IH鍋の調理をいろいろと試しています
煮込み系がかなり楽にできるという印象ですね
電気だけど圧力もかけられるというあたりが、今までのガスコンロで火加減を見ながら圧力をかける苦労と比べると断然を違いますね

何でも煮込んでやろうという気持ちにさせてくれます



今回はスーパーで安く売っていたスペアリブを煮込んでみます




スペアリブを全部入りをかと思ったのですが、鶏の胸肉が余っていたのでついでに入れました
煮込む時はかなり水を少なめにしないと難しいというのがわかってきましたので、

醤油大3、砂糖大2、ハチミツ大2、料理酒大3、水100ml未満。(お好みでだしの素)
という感じで、水は極力入れないようにします
50mlでもいいくらいですね





「可変圧力、1時間10分」での仕上がりがこちらになります




ポイントは全然水が減らないということです
圧力鍋を使う時には、200mlぐらい平気で減ってしまいますが、こちらの圧力IH鍋では減らないので、むしろ少なくして、最初の段階で十分濃い味つけにしておかないと難しいです

この辺の加減がまだわかっていません

もっと煮込みたいという人は、ここから100℃で◯分という形で設定すればOKです





スペアリブは、かなり歯ごたえがある肉だと思いますが、圧力をかけるとトロトロになります
なんと箸で掴むだけで崩れてしまうほどホロホロになりました
これが圧力鍋の力ですよね

私がやったことは、鍋に調味料を入れて、肉を入れて、スイッチを入れただけです
これだけででき上がるのがすごいです
味つけも、今回ぐらいで十分だと思います
肉を煮込むときには蜂蜜を入れるとでき上がりがいいように思います

トロトロで、味がしみこみます。
煮込み料理は簡単で便利です