Amazonの中古本の「良い」は購入者側と出品者側では、全く見解が異なる件

Amazonをよく利用していますが、Amazonの魅力の一つはマーケットプレイスといって、中古本(中古)が充実している点ですね。
新品で購入するよりも明らかにオトクなケースが多いです。

今回何冊かAmazonで中古本を購入しましたが、1点残念な結果になってしまったので、シェアしたいと思います。



Amazonのマーケットプレイスとは誰でも出品者となって商品を売ることができる場です。
最近の楽天は知りませんが、楽天はオークションという形で、売り場が別ですから、わざわざ違うページで検索かけないといけません。
Amazonなら一度にできるメリットが大きいですし、同じ商品は原則1ページだけになるので、使う側は楽ですね
(楽天は、出品業者ごとにページがあるので、同じ商品がずらずら・・・)

マーケットプレイスは、実際の商品は見ることができませんが、出品者がAmazonマーケットプレイス コンディション・ガイドラインに従って、「ほぼ新品」「非常に良い」「良い」「可」の格付けを行って、その商品のコンディションについて書き込んであります。

これを元に購入するわけですが、今回購入した商品は「良い」でした。
「表紙によれあり、中は汚れていない」とありますので、読むだけならいいだろうと、購入しました。
同じ価格帯で「良い」が大量に出品してあるので、あとはお店の評価で決めました。




そうすると、

・表紙はよれどころか、ずれる・・・くらいにひどく変な折り目がついている
・中には数ページの書き込みがある

という状況です。
がっくりきたのですが、Amazonマーケットプレイス コンディション・ガイドラインによると、

「良い」とは、

使用されていても、きれいな状態の商品。ページやカバーは完全な状態で(カバーがついている場合はカバーも含む)、背表紙に多少の傷が見られる商品。
半分以下のページに書き込みや線引きがある商品。蔵書印が付いている商品。


となっているので、、、、

半分以下のページの書き込みは、、、、たしかに適合している・・・。
きれいといえばたしかにきれいかも・・・。

と、コンディションガイドに適合していなくもないので、、、まあ、、、私が「残念」と感じること自体がおかしいとなるわけですね。
ただ、、、書き込みがある商品について、その旨を書いてくれていない出品業者は、不誠実だなと感じます。
こうした業者は大量出品者であり、おそらく、中古本などのお店を経営しているなどの人などで、検品が大変という理由もあるのでしょうけども・・・。






残念でしたが、、、、コンディションガイドに違反はしていないわけです。。。
うーん・・・残念としかいいようがないですが、

そもそも「良い」は書き込みがある、と思って購入しないといけなかったということ。

非常に良いになると、

使用されているが、非常にきれいな状態の商品。ページも完全な状態で、書き込みや線引きがない商品。背表紙にも傷がない商品。


となりますので、ここまで来ると安心です。
出品者との認識の違いは、、、やはりあるものですね。
出品者には残念な旨を伝えておきました。