アリナミンEXゴールドとEXプラス、同等品との違いがわかった!

眼精疲労、肩こりなどいろんな症状に苦しめされているので、アリナミンEXゴールドを購入しました。
それとともに、我が家に「ビタトレールEXP」という同じ成分で安価な他メーカーのパクリ商品があります。
何が違うのかを調べてみました。



まず驚いたのは、アリナミンEXとビタトレールEXPでは有効成分が全く同じということです。
単純に知名度が違うだけとなりますね。
そういえば、購入時には薬局で「成分は同じ」的なことが書かれてあったような・・・。

だったら高いアリナミンを購入しなくていいじゃん・・ってなりますね。
3倍近く違いがあります。
それなら、アリナミンEX「プラス」と「ゴールド」の違いを調べてみたら

ビタミンB12として入っているのが、「シアノコバラミン」と「メコバラミン」の違いのようです。
ネットで検索してみると、要は「同じ」と書いてあるサイトが多々有りましたが、
どうもメコバラミンだけは神経の修復に使われるようです。





だから、「プラス」の製品説明は

・ビタミンB12:神経の機能維持や神経伝達物質の代謝に関与します。


となっていて、「ゴールド」の場合では、

・メコバラミン(活性型ビタミンB12):神経細胞のDNA合成に関与、末梢神経の修復に役立ちます。
・葉酸:メコバラミンと協力して、神経細胞のDNA合成に関与します。


となっていて、明確な違いがあります。
ビタミンB12として、何も考えなければ、ただなんとなく見たサイトで「違いがない」として思い込んだならば見えてこない違いですね。

ゴールドはセルフメディケーション税制の対象になるほど、効果がそれなりにたしからしいのも、根拠になるのかなと思います。
あとゴールドは説明を見る限り「天然型」「活性型」の素材が使われていますね。
こうしたものが価格に反映されていると思います。

ので、プラスは代替可能であり、ゴールドは明確に違うようです。
これからゴールドを毎日飲み続けてみようと思います。