広島人のおすすめする広島のメジャー&マイナー観光地 15選

お出かけ記事がけっこうな数になったので、広島観光で自分的に良かった場所をまとめたいと思います。
観光地としてはメジャースポットもありますし、かなりマイナーなスポットも入り混じっておりますので、あくまでも主観であるということで要注意です。

ということで、行ってみましょう!



1.湧永満之記念庭園

湧永満之記念庭園

場所 広島県安芸高田市甲田町糘地

湧永製薬会社の湧永満之さん個人が作った庭園で、入場料はなんと無料です。(ただ入場のためには記名で必要です)
3月下旬から11月中旬の間だけ開園してあり、お金をかけて庭園を作っています。
季節の花々、バラ、モネの池、薬草園などたくさん。

県北であるので、アクセスするのにはけっこう大変かもしれません。
ので、道の駅によるなど他の観光地への導線も考えるといいでしょうか。
マイナーなので、県外から来る方にはおすすめできないですが。

敷地がかなり広くて、しかも、えっ、無料なのって驚くほどのクオリティの高さです。
一見の価値がある庭園ですので、季節が合えば一度行ってみるといいですよ

過去記事 → 湧永満之記念庭園がおすすめ!(広島県安芸高田市)

2.平田観光農園



場所 広島県三次市上田町


地元のテレビで毎年取材されるほど知名度がある観光農園です。
季節になると、様々な果物狩りが楽しめます。

自分が行った秋には、複数の果物畑をいけるコースがあり、果物の他に栗も拾うことができました。
バーベキューもできます。
ただ、秋は相当な数のお客さんが来ますので要注意ではありますが、果物狩りに行くならメジャースポットです

過去記事 → 平田観光農園で果物狩り(ちょうど狩り)を満喫してきました :広島

3.みろくの里



広島県福山市藤江町638

中程度?の遊園地に、いつか来た道↑ という昔を懐かしむことができるエリアが共存した3世代テーマパーク。
ジェットコースターや急流くだりの定番の乗り物がありますから、そこそこに楽しめます
人もUSJのように多くはないので、ほとんど待たずに乗れる気軽さもいいですね。

面白いのは、遊園地として遊ぶだけではなくて、「いつか来た道」のエリアで昭和の世界に浸りながら散策&飲食もできます。
こちらもけっこうなスペースがあって、昔の学校を再現したり、屋台を再現したり、電話博物館があったりと面白いです。
広島には遊園地と呼べるところが他にないので福山まで足を伸ばしてみるのもいいかもしれません。

過去記事 → 福山城とみろくの里へ(広島)


4.備北丘陵公園のイルミネーション



場所 広島県庄原市上原町1300

我が家のイルミネーションの定番は備北丘陵公園です。
もちろん冬季限定です。
広島市内のドリミネーションというのもあるんですが、丘陵公園が好き。

広大な自然の中にイルミネーションで飾るのがいいですね。
もちろん大きなツリーもあります。
山の斜面の一角を飾ってそこを歩けるようにした趣向が楽しい。

メイン広場の奥に進むと、茶屋があったり、山を飾ったり、田んぼの真ん中にイルミオブジェを飾ったりと



楽しいです。
都会で見るイルミネーションもいいですが、大自然の中で見るイルミネーションは気分爽快、開放感があって最高です。
要は自然の中というのが好きなんですよね。

庄原は遠いですが、高速道路を使っていけばアクセスも簡単なので、行きやすくはあります。
行く日によっては、雪がばんばん降ったり、花火が上がって大渋滞になることもありますのでお気をつけを。

過去記事 → 備北丘陵公園のイルミネーションのレポ(広島県)2014年
 → うわー、、、大失敗!2015年の備北丘陵公園のイルミネーション-広島

5.広島市安佐動物公園



場所 広島市安佐北区安佐町大字動物園

小学校の遠足は安佐動物園でした。
なつかしいです。
久々に行ってみると、流行りの行動展示にシフトし始めていて驚きました。

広大な敷地の中で、結構な数の動物たちがいます。
パンダはいませんがレッサーパンダはいます。
爬虫類館とか、小動物たちと触れ合えるピーチクパークなど、見どころ盛りだくさん。




山の方に上がっていくと、大きな広場があってピクニックにはぴったりです。
中国地方の動物園にはちょくちょくといきましたが、こんなに広い動物園はないのではないかなと思います。
行くならぜひともお弁当を持って行きたいですね。

過去記事 → 広島市安佐動物園の展示方法が劇的に変わっていてとっても面白い!!(広島県)

6.三段峡



場所 広島県山県郡安芸太田町

紅葉の季節に行くなら三段峡ですね。
色づく紅葉を見ながらウォーキングをして、二段滝、三段滝を見るのは格別です。

コースはいろいろとありまして、入山口から入る長いコースや、定番の二段滝、三段滝の側から入る入口もあります。
この辺は時間や体力との関係を見つつ行くといいですね。



二段滝は手渡し船で行くので、猿飛↑の景色もよいよいです。
こういった趣向もいいものです。
アクセスも高速道路の戸河内から近くですから良いです。

帰りは道の駅「来夢とごうち」に寄ると楽しいですよ。


過去記事 → 紅葉の季節は、三段峡へ(広島県)~気持ちのいい森林浴&ウォーキング
 → 戸河内にある道の駅「来夢とごうち」は楽しかった!-広島

7.帝釈峡・雄橋



場所 広島県神石郡神石高原町永野

日本百景・国定公園になっているのが帝釈峡で、豊かな自然があります。
上帝釈と下帝釈(神龍湖)があり、行ったのは上帝釈です。

行ったのには8月でしたが、山の中に入っいくとひんやりと涼しいので、夏の避暑的な観光としてもおすすめです。
道はきちんと整備されているので、困ることもないですし、わかりやすくなっています。
緑に囲まれた川沿い道を歩く楽しみだあります。

とにかく有名なのが雄橋です。
全長90m・幅18m・厚さ24m・川底からの高さ40mの石灰岩の一枚岩。
この迫力は圧巻です。




あと見どころとしては、白雲洞がありますので、洞窟が好きな方は楽しめると思います。
マスの養魚場があるので、釣り堀や売店などでマスなどの焼き魚が食べられます。
こうした川魚は県北の山に行った時の楽しみの一つです。

ですので、できたらお腹は空かせて昼食をこちらで済ませて散策に行くのもおすすめです。

過去記事 → 帝釈峡で雄橋と白雲洞、ついで川魚も満喫のお出かけ!(広島県)


8.下蒲刈島・上蒲刈島・松濤園



場所 広島県呉市(瀬戸内海の島)

下蒲刈島(蒲刈島)は、広島県の呉市に属する瀬戸内海の島です。
アクセスはちょっと悪いかなと思いますが、車で観光が基本になると思います。

有料の安芸灘大橋を超えたら、島に到着。
一気に都会(?)の喧騒を忘れてゆったりとした時間が流れます。
交通量も少なく快走路。

かつら亭で、瀬戸内海の魚介をいただきました。




松濤園は蒲刈島の歴史や風土を元にした複数の資料館でできています。
歴史で習った朝鮮通信使の立ち寄り先でもあったようです。




この近辺には白雪楼などの観光地や出会いの館などの道の駅があり、島の魅力を満喫できます。
山の中は癒される感覚がありますが、瀬戸内の島はゆったりと時間が過ぎていく穏やかさが好きです。

過去記事 → 下蒲刈島で漁師料理を楽しみ、松濤園へ(広島県)

9.鞆の浦


場所 広島県福山市鞆地区


ジブリ映画「崖の上のポニョ」の舞台となった場所です。
広島市からは遠いですね。
福山まで高速では行けますが、そこからさらに南下。

困ったことに、シルバーウィークに行ってしまって駐車場がないという悲劇に。
鞆の浦地区をぐるぐると1時間近く回って見つけたのは、お土産屋に有料で停めさせてもらいました。

さらに困ったことに、食事処がありません。
店自体が少なくて、休日なのに2時には締めてしまうし、観光客が多すぎて見つけてもかなり待つようになります。
マップルで見て当てにしていたところはすべてだめでした。

ですので、駐車場問題と食事問題があり、厳しい・・・ってのが感想です。




鞆の浦は古き良き町並みで、妙に懐かしさを覚えます。
見ておきたい観光スポットとしては、坂本龍馬が直談判した対潮楼と常夜灯。
観光としては、フェリーに乗って仙酔島に行き、パワースポットの五色岩を散策しました。




あとは地元で有名なのは保命酒(ほうめいしゅ)です。
養命酒みたいなものですが、フルーティな香りがして、お店の方の接客も良くて、試飲して購入。
みりんもおすすめです。

先に述べた駐車場の問題があるので、行く時を厳選した方がいいですね。
観光地がわかりにくいという印象がありましたので、事前の下調べはかなり重要になると思います。

過去記事 → いざ、鞆の浦へ(広島)~シルバーウィークは駐車場がない!?


10.佛通寺



場所 広島県三原市

紅葉の有名スポットです。
行った時期にはもうほぼ散ってしまっていて残念でした
ちょっとだけ季節を外したのですが、観光客はそこそこいました。

みんな同じ気持ちでちょっと残念に思ったでしょうね。
駐車場は少なめなので、奥ではなくて手前の駐車場に止めて佛通寺までの道を楽しむのがいいと思います。



佛通寺は枯山水の庭や羅漢像がたくさん置かれてあり、なかなか風情があっていいものです。
いくならぜひとも紅葉の季節ですね。

過去記事 → 紅葉の季節に行きたかった、佛通寺(広島県)

11.三景園



場所 広島県三原市本郷町

三景園は広島空港のすぐそばにある庭園です。
ですので、広島に飛行機できたらすぐに観光できちゃいます。

三景園の由来は、広島の山・里・海の三景をイメージして作っているからだそうです。
山ゾーンでは三段滝を、里ゾーンでは竹林や紅葉谷を配置して里山を、海ゾーンでは宮島をイメージして作っているようです。




時期外れに行ってしまいましたが、広々したエリアですからゆったりと散策が楽しめます。
佛通寺の帰りに寄りました。
意外なスポットでした。

過去記事 → 広島空港そばの三景園へ。こんなところがあるとは知らなんだ

12.吉水園



場所 広島県山県郡安芸太田町

吉水園は江戸時代に建てられた山荘で、整備された日本庭園です。
ただ、一般開放されておらず、見られるのは天然記念物のモリアオガエルの産卵期だけです。

2016年は年8日だけという貴重さでした

6月 第1土曜日・日曜日、第2土曜日・日曜日:
11月 第2土曜日・日曜日、第3土曜日・日曜日:


6月にいきまして、モリアオガエルは池の上に木に産卵して、孵化したオタマジャクシが池に落ちるそうです。
不思議な産卵形態をするカエルなのです。




6月は天候に恵まれないこともありますが、青とした日本庭園と、狭いけれども風情ある建物内を見学することができます。
アキノブでは紅葉が見られるそうで、それはそれできれいだろうなと。
チャンスが少ないだけに、きちんと狙っていかないと難しいですが、一見の価値はありますよ!

過去記事 → 吉水園でモリアオガエルの卵を見に行く。年8回のチャンスだけ(広島県)

13.御手洗町並み保存地区



広島県呉市豊町御手洗

下蒲刈島の奥に進むと上蒲刈島があり、その奥の島が大崎上島で、ここに御手洗町並み保存地区があります。
江戸時代の町並みを保存している地区で、オランジーナのCMロケ地となりました。

車でいけますが、途中に小さな駐車場がありますが奥に大きなものがあるので、そのまま進んでみましょう。
観光用の地図が用意されてあるので、ちゃんともらいましょう。

島のゆったりとした時間と古い町並みの中を歩けば、なんともいえない充実した気分になれます。
CMでも出ていた時計店は有名スポット。




個人的にはここで飲んだ生搾りジュースをぜひとも飲んでいただきたい!
外国製の絞り器だそうです。
おいしさに感動!




下蒲刈島に観光に行った後に行くというのも手かなと思いますが、そこそこの強行軍になるので、島巡りをするならお早めに移動しましょうう。
食事処はあまりないので、下蒲刈あたりで食べるのも手ですね。

過去記事 → オランジーナのCMのロケ地「御手洗町並み保存地区」へ(広島県)


14.広島城・護国神社・平和公園



広島市中区

広島観光の定番スポットです。
広島市内の中心地にあり、アクセスはしやすいですが、車だとなかなか駐車場を探すのが苦手です。
地下駐車場などがあるので、ないということはないはず。

広島城は天守閣は残っていますが、中は博物館になっていますので、ありがたみがあるかどうかは別問題でしょうか。
隣には護国神社があり、元旦には広島人はここに大行列を作って初詣をする神社です。
が、全然、、、縁がなくて。この時初めて行ったくらいです。




市内にあるので、そのままお好み村に行って広島風お好み焼きを満喫する、本通りに行って広島の中心街を散策する、平和公園に行って原爆資料館や貞子像を見るも良しです。
市内電車を利用すればそのまま宮島までいけます。

広島市内を観光するときには中心スポットになる場所ですね。

過去記事 → 広島城(広島県)に行ってきましたよ。城というより博物館です

15.宮島


場所 広島県廿日市市宮島町

最後は言わずと知れた世界遺産・厳島神社がある宮島です。
広島観光は、広島城・原爆ドームと宮島が定番だと思います。
宮島へのアクセスは車でもOKですが、駐車場はかなり混み合っているので、紅葉の季節、GWなどは止めるのが難しいです。

フェリーで宮島に渡ると、野生の鹿がお出迎えしてくれます。
普通に何匹もの鹿がウロウロしているのを見たらかなりびっくりしますし、「宮島に来た!」という感じになります。

宮島はいろんな楽しみができます。
参道を歩いて豊国神社の千畳閣を見学し、厳島神社を見て回る、初詣をする、宮島水族館に行く、大聖院を見に行く、紅葉谷で紅葉を楽しむ、弥山を自力で登る・ローフウェイで登る、弥山では消えずの火を拝む、




という感じで、行くところたくさん。
帰りは参道で焼き牡蠣&揚げもみじが定番です。
ちぎり天&ビールもいいですね。

最近では、カキの串焼きやら、新しいスイーツなどのお店、カフェもあるので、目移りしてしまいます。
おみやげもたくさん売っています



あとは、あなご飯も有名ですが、うなぎと違って全然淡白ですので・・・お気をつけを。
観光シーズンに行くと、人でごった返しているので、上で述べたように紅葉やGWは避けるほうが楽しく観光ができると思います。



過去記事 → 1月2日、宮島の厳島神社へ初詣に行ってきました(広島)
 → 紅葉の季節に宮島へ(広島県)
 → 宮島の弥山へ。消えずの火を拝みに(広島)


終わりに

今回は行ったことのある中でもブログで取り上げた場所に限定したので、かなり偏りがあると思います。
まあ、、、行くところが思いつかなかったら参考程度に、というぐらいでとらえてもらえるといいですかね。

嫁にこのリストを見せると「微妙・・笑」という反応でした。
・・・まあ、仕方ないとして、、、広島はなかなか観光スポットといえることがないので、苦労しました・・・。