ブログで粘着質な人に付きまとわられた時の対処法

ネットって色んな人がいて、自分の生活・文化とは全く違う環境の人とも出会います。
それが魅力だったり、面倒だったり、恐ろしかったり、新しい可能性を発見したりするわけですね
そういう自分は面倒なタイプです。

ブログをやっていると、テーマによると思いますが、ほん~~のたまに、粘着質な人にずっと荒らしを受けることがあります。
根本的な原因は、その人のアクションに対して「無視した」「扱いが軽い」などの対応で、プライドが傷つけられたものによると思います。
そこにプラスして、ブログのアクセスが多いなどの人気があると、余計に嫉妬の炎が燃え上がるようです。



1.ブログをSNSと紐付けない

自分にはわからない感覚ですが、若い人は特にSNSがないと人は生きていけないようです。
そのSNSは自分のある程度の個人情報が透けているものです。

ブログというのは、記事をどんどんためていく性質のものですから、ここに個人情報がある必要はありません。
ので、リアルとブログは完全に隔離しても問題ないです。

にも関わらず、ブログとSNS、リアルな友人関係を結びつけたがるのは本当に危険だなと思います。
そもそも、趣味程度のブログである、リアルな人たちに紹介するのは愚の骨頂です。
何の意味もない。

「ブログ始めたんだ!見てね!」とやってアクセス数を稼ぎたいわけで、、、。
でも、考えてみるとそうやって紹介された人は「この人はここでブログやっているのか」と知るわけで、「都合のいい時に利用しよう」程度のことしか思いません。
だって、人のブログなんて紹介されても見るのが面倒なだけですから。

そもそもブログはそうやってリアルな人にかまってもらうためのツールじゃないと個人的には思っています。
むしろ、リアルとの関係があるから「書きにくい記事」が発生してしまって、「書きにくい記事」によってリアルが炎上する危険もあります。

ブログは個人とは独立した存在である方がいい、というのが長年続けてきて思うことですね。

荒らしがあった時にリアルな人が知っていると同情してくれるかもしれませんが、それ以上のことはありません。
人によっては「荒らされてる!ざまあみろ」と思うかもしれませんね。
そして、SNSと紐付けることによって、ブログだけではなくて、個人情報を晒している側にも被害が及ぶ可能性が十分にあります。

かまってちゃんではないなら、SNSとブログのヒモ付は危険すぎます。




2.相手にしても無駄ということを理解する

荒らしは基本的に「復讐」「嫉妬」に燃えているので、まともな議論はできないし、相手にしてもどんどん揚げ足を取られるだけです。
そもそもの行動原理がまともな論理ではないのですから。
まともに返信して損した、という経験しかありません。

相手にしても無駄ということは理解しておきましょう。


3.徹底的に無視する

実のところ、人は無視されるのがとても辛いのです。
だから、粘着質な人は延々と荒らし行為をしていきます。

「かまってください!お願いします!」

と毎日のように言っているものです。
それで相手にしたら相手の思う壺なので放置。

ブログであるなら、「Throws SPAM Away」というプラグインを入れて、IP指定すれば、コメントされたことすら目に触れないことが可能です。
相手は延々と「ざまあみろ!」と誰も見ないコメントスパムを送り続けるだけとなります。
youtubeであれば、ブロックしたらもう二度とコメントできないのと似ていますね。

ですので、コメントは承認制にする、即削除するなどの対処をするのがいいですね。



4.ごくろうさまとコメントを葬り去る

荒らしは気にしないのが一番ですが、やはり気になるものです。
人から強烈なネガティブ感情を浴びせかけられて、それを「気にしない」なんてことはなかなかできるものではありません。
もう慣れるしかない、というレベルかもしれませんね。

普通の人(自分も含めてね)は、そういう経験がないので、荒らしがあるととてもびびるし、嫌な思いになるし、、、。
気にしないと言えば言うほど、気にしてしまう。

ので、そういうときには荒らしコメントを見ながら「ごくろうさまでした」と手を合わせて葬り去るようにしています。
そうすると、気にしないと唱えるよりはさっさと切り替えられる気がします。


5.粘着質が出るのは人気者の証

統計の面白いところは、数が集まると必ず確率分布するということです。
そうなると、その人のことを「肯定的に見てくれる」大きな山ができていくとともに、両端に「とっても好き」と「とっても嫌い」という極端な人達が現れてきます。
荒らしはその極端なマイナスということです。

となると、確率論に従えば、熱心に支持してくれるファンもいるし、全体として支持されている人気者だといえるわけです。
人気を得るということは、荒らしなどの粘着質な人も呼び寄せるということで、ブログが成長する上での登竜門です。

仕方がない現象であり、荒らしが出てきたら「自分も一人前になれたのだな」としみじみと思うといいですね。


6.ファンの数のほうが圧倒的に多い

荒らしは自分の存在をアピールするのが狙いであり、それが存在価値であるので、どうしても目立ってしまいます。
ですので、荒らしばかりに目がいってしまいますが、実際にはあなたに感謝しているファンの方が圧倒的に多いわけです。
それを考えれば、あなたがやっていることにはとても価値があり、勘違いした粘着質を相手にするのは本当に馬鹿らしくて時間の無駄だということがわかりますね。




7.やめない。続けていく

荒らしが来ると、今やっていることにストップがかけてしまうようになることがあります。
が、それは全く気にせずにやり続けるべきです。
やめることは荒らしからすると「ほら、俺の言ったとおりになった。」とほくそ笑むからです。

自分が信じたことをやり続ける。
もちろん、やりすぎかな? 実際はどうだろう? と点検する癖は必要です。


という感じで、まあ、荒らしが来るのは一人前の証ですから、仕方ないし無視しつつも、そのことを楽しみましょう。