ロフト生活は・・・あまり快適ではないかも・・・。むしろ、

普通のベッドから、ロフトベッドに変えたということを以前、記事にしました

ロフトベッド(デスク付き)のおかげで部屋が広く使えて、素晴らしすぎる件 & 4ヶ月後の追記あり
「これだ!!」って衝撃が走りました。 ニトリに家具を見に行った時に、何気なく歩いていた時に視野に入ってきたのが「ロフトベッド」でし...

ロフト部分がベッドで、下が机なので、とてつもなく部屋の効率が上がりました。



その素晴らしさの一方で、、、ちょっと・・・という部分も出てきたのが正直なところです。



直近で一番感じているのは、夏場は異常に暑い!!ということ。
暖気は上に行くといいますが本当ですね。

夏の夜。マンションだからなのか、夜中の暑さは異常です。
窓開けて寝ていたとして対応できないほどの暑さ。
汗をかきながら、30分程度のたうちまわり、、、

「クーラーつけよ・・・」

その日から毎晩クーラーつけて寝る生活の始まりです。
とにかく暑い。。。

クーラーつけても、寒気は下に行くので、ロフト部分が冷えるのも時間がかかる・・・。
なかなかびっくりです。
冬は暖かくていいのですが。。。


それともう1点、不便だと感じるのが、夜中のトイレ。
ハッと目覚めて「ああーートイレ行きたい・・・」って思った時に、ハシゴを降りてトイレ・・・かなり面倒です。

たったそれだけと思うかもしれませんが、思う以上に面倒でした。
トイレにいくかいくまいかと葛藤してそのまま寝てしまうほどの面倒さあります。

細かいことを言えば、天井が近いのでベッドから起き上がって移動もちょっとやりづらい。
CMでやっている、天井が高い家っていいなって思いますね。

同じ理由で、シーツを掛ける、布団を入れ替えるというのもかなり大変な作業になります。
上から布団を動かすとホコリも舞いそうです。

ベッドの揺れに関しては、そこまで気になるレベルでもないので、なんとも。




ということで、ロフトベッドは普通のベッドよりもかなり苦労があるなあ~~~。
その反面で、部屋を効率的に使えるのはありがたいです。

最近、思うのは、そもそもの部屋の荷物を減らせばいいじゃん・・・。
実のところ、不必要なものって多くあって荷物は半分以下に減らせるような気がします。
1年以上使っていないものは即ポイするなどして、根本的な荷物をなくす。

部屋の使用効率を上げるのではなくて、根本の荷物を減らす。
この発想の方がむしろ快適に生活できるのではないかな。

発想を変えた生活にシフトしてみようかと思って、せっかく購入したロフトベッドを捨てようかと検討中です。

ロフトベッドは熱い!寝苦しい夜に、接触冷感敷きパッドの効果は??
ロフトベッドやめて実は快適。でも床は狭い




[ga]

シェアする

フォローする